【WWE】中邑真輔がキンシャサ炸裂!ジミー・ウーソとの前哨戦を制してWMに弾み

ニューヨーク州ブリックリンのバークレイズ・センターにて行なわれたスマックダウンが日本時間3月27日に配信された。 


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔(with ブーグス)が「レッスルマニア38(WM)」のSDタッグ王座戦を前にタッグ王者ジミー・ウーソ(withジェイ・ウーソ)と激突するとキンシャサを叩き込んで前哨戦を制した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合前、中邑はブーグスと共にウーソズの襲撃を返り討ちにすると試合では「カモーン」と挑発してニードロップや痙攣式ストンピング、さらにトペ・スイシーダを狙うジミーにカウンターキックを叩き込んで雄叫びを上げた。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤には中邑がコーナー2段目からダイビング・ニーを決めてチャンスを迎えると、ジェイのブーグス襲撃の隙にジミーのスーパーキックを浴びたがカウント2。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてブーグスがギターを持ち出したジェイをポストに叩きつけると最後は中邑がスピンキックから渾身のキンシャサをジミーに叩き込んで3カウント。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑がジミーとの前哨戦を制してWMの王座戦に弾みをつけた。

ウーソズ vs. 中邑&ブーグスのSDタッグ王座戦が行われる「レッスルマニア38」は日本時間4月3日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事