【DDT】米AEWに長期遠征の竹下幸之介「世界一のプロレスラーになるために行くんで、チャンピオンになるのも目標」

 DDTプロレスが3月28日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、4月10日の東京・後楽園ホール大会を最後に米AEWに遠征する竹下幸之介が思いの丈を語った。

 約1年ぶりのAEW参戦となる竹下は「米国で戦うのは僕の念願でもあって、昨年のAEW遠征ではハウスショーを含めて3試合させていただいたんですけど。そのときも大きな舞台で戦いたいという思いがより強くなり、今回わがままを聞いてもらう形でAEW参戦となりました。前回は約1週間しか行けなかったんで、今回は長期間行かせてほしいと会社にはお願いしていました。今回このような形でチャンスを与えていただいたDDT、AEWには感謝してますし、チャンスをつくっていただいたケニー・オメガ、中澤マイケルの2人にも感謝してもしきれないくらい。これは僕が試合を見せて、結果を残して、恩返しするしかないと思ってます。しっかり竹下幸之介のプロレスをAEWの大舞台で見せていきたいと思います。竹下幸之介のシーズン2の始まりです」と話した。

 AEWでの目標について「前回はダークマッチ2試合とハウスショー1試合でした。次のステップアップとしては、AEWは本当につけいる隙がないくらい選手層も厚いのですが、目標としては『Dynamite』『Rampage』、TVマッチに出場することですね」とキッパリ。

 遠征期間に関しては「極端な話、すぐに米国に移住するわけではないので。1年で考えたら、米国にいる期間が長い方がいいんですけど、DDTにもビッグマッチなどで参戦する機会もあると思います。米国に行って、スポットだけ日本に戻ってくるけど、また米国に戻るというイメージ。まだ決まってないことも多いので、具体的に何ヵ月行くというのは決まってない状況です。(片道切符?)ハイ。実際帰りのフライト取ってないんで」と述べた。

米国に行く決断を下した理由については「DDT25周年で両国国技館という節目もありましたし、僕自身今年で10年になるんで、10年の使命は全うできたかなと。自分でも納得できるものができたかなと。じゃあ、次に何を夢見ることができるのかと思ったとき、このタイミングで米国に行くというのがベストなんじゃないかなと・・・」と明かした。

 本格的に参戦する以上、ベルト戦線に絡むことも期待されるが、「世界一のプロレスラーになるために行くんで、そのためにはチャンピオンになるのも目標だし・・・。ある意味そこがゴールかもしれないですけど。ここ1年AEWの戦いを見ていて、レベルの高さというところでは、正直僕自身もDDTのストロングの部分も負けてないという自負はあるんですけど、なんせ狭き門なんで。去年行った状況とも違うし、この1年間で選手も増えて、選手層も厚くなって、行ったから当たり前のように試合が組まれるわけじゃないと思う。1試合1試合がチャレンジになるし、それを乗り越えて、日本、DDTのファンの人たちにも、海を飛び越えて届くくらい活躍するつもりで行きます」と目を輝かせた。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事