【WWE】ローデスがUS王座挑戦もロリンズ乱入で反則裁定 非情なカーブ・ストンプ浴びてKO

コネチカット州ハートフォードのXLセンターにて行なわれたロウが日本時間5月11日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“アメリカン・ナイトメア”コーディ・ローデスがオースティン・セオリーとのUS王座戦に挑むも、因縁のセス“フリーキン”ロリンズに乱入されて反則裁定となると解説席上のカーブ・ストンプを浴びてKOされた。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ローデスは「アメリカン・ナイトメアが新US王者っていうは聞こえがいいだろ」と意気込んで王座戦に挑むとセオリーにドロップキックを決められながらもボディスラムやムーンサルトで攻め込んだ。さらにディザスター・キック、コーディ・カッターの連打でチャンスを迎えて止めを狙ったが、そこで突如因縁のロリンズに背後から襲撃されて試合は反則裁定に。

試合後もロリンズの暴行は止まらず最後はローデスが解説席上のカーブ・ストンプを浴びてKOされた。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

===================================================

【関連サイト】

 WWEネットワーク: http://network.wwe.com

 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。

※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。

WWE YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/WWE/featured

===================================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事