【WWE】ウーソズがタッグ王座統一に成功!統一王者レインズ率いるザ・ブラッドラインがタイトルを独占

ミシガン州グランドラピッズのヴァン・アンデル・アリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間5月22日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ウーソズ(ジェイ&ジミー・ウーソ)が一度は幻となったRKブロ(ランディ・オートン&リドル)とのタッグ王座統一戦で激突するとWWEユニバーサル王者ローマン・レインズ介入の隙にジェイがウーソスプラッシュをリドルに叩き込んでタッグ王座統一に成功した。

レインズ率いるザ・ブラッドラインがSDオープニングに登場するとポール・ヘイマンは「ウーソズがRKブロを倒して史上最高のタッグチームになる。これは予想じゃなくてネタバレだぞ」と王座統一を宣言すれば、レインズは「俺の望みは分かっているな。愛しているぞ」とウーソズをハグして激励した。

メイン戦となったタッグ王座統一戦ではジミーがストンプやスープレックスで背中にダメージを負ったリドルを集中攻撃すれば、交代したオートンにRKOを決められてピンチとなるとジェイがフォールをカットして白熱の攻防を展開。

終盤にはジェイがリドルにスーパーRKOを狙われて再びピンチとなるとレフェリーの死角で突如現れたレインズがリドルを妨害して形成逆転。続けてコーナートップに残ったジェイが倒れ込んだリドルにウーソプラッシュを叩き込むとそのままピンフォールを奪取してタッグ王座統一に成功した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはレインズがリドルに暴行を加えるとウーソズがオートンにダブルスーパーキック。さらにジェイがコーナートップから解説席ごと破壊するウーソスプラッシュでリドルをKOすれば、レインズはスタッフの制止を振り切ってオートンをギロチンで締め上げると最後は大ブーイングの中、統一王者レインズ&ウーソズがタイトルを掲げてブラッドラインのタイトル独占を誇った。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/q3IRLYObyZY

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事