【新日本】木谷オーナー・大張社長の記者会見後、飯伏がツイート「自分等の部分だけで済ませる会社はいつかは終るだろう」

27日(金)に新日本プロレスが「飯伏幸太選手に関する記者会見」と題して、木谷高明オーナーと大張高己社長が記者会見を行った。

その記者会見に飯伏は同席しなかったが、木谷オーナーらは事前に飯伏本人にも会見内容を伝え同意したうえで今回の会見を開いたと言う事であった。

しかし記者会見後、飯伏本人のTwitterでは「話したくない部分省かないように。5月8日からの話から真実を。詳しく話します。5月8日に心配を察知した母がなにか悩みがあるの?ときいて経緯を話した結果5月9日に自殺未遂から腰骨骨折。それが95%のツイートだったのですが?なぜ省いたのでしょう。これは昨日正しくなければ言うと言いましたので。」とツイートが公開され、ファンが困惑。

続けて「なにも答えになってないから。自分等の部分だけで済ませる会社はいつかは終るだろう。必要ないと思っている方もいるだろうし本当に処罰するなら解雇でいいのでは?決してやりたくないわけではなく、意味不明です。」とツイートを行い、新日本プロレスからの記者会見で収束に向けて動いているとは思えないような内容であった事で、さらにファンがSNS上で心配を増幅する事態に。

またユーザーからの「飯伏選手にとってのゴールはどこなんですか?」と言う質問に対して飯伏は「一度もない母への謝罪。」と回答。

続けてユーザーから「単刀直入に聞きます プロレスをやめたいのですか? 続けたいのですか?」という質問については「続けるために日々リハビリを行っています。諦めません。しかし自分の続けられる場所や、会見にも同席できない。ちゃんとした言い方があると思います。少なくともあの言い方では今後無理でしょう。あと怒られてませんし何を言っているのか真実からかけはなれています。文章が言葉足らずですみません。」と回答した。

今回の騒動がどのような収束を見せるのか?ファンは不安な日々を送っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事