【WWE】中邑真輔&リドルが初タッグ戦!王者ウーソズとのコンテンダーズ戦で反則勝ち!

アイオワ州デモインのウェルズ・ファーゴ・アリーナにて行なわれたロウが日本時間6月1日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

新たにタッグを組んだ中邑真輔&リドルが王座統一を果たしたWWEタッグ王者ウーソズ(ジミー&ジェイ・ウーソ)とのコンテンダーズ戦に挑むと、試合途中にリドルがジミーのキックスクーター攻撃を浴びて反則勝ちとなった。中邑はジミーに痙攣式ストンピングやスライディング・ジャーマン・スープレックス、コーナー2段目からのダイビング・ニーと連続攻撃を仕掛けるとジミーのスーパーキックやジェイのスプラッシュで反撃されて白熱の攻防を展開。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにリドルもランディ・オートンばりにDDTから止めのRKOを狙ったが、逆にジェイのスーパーキックを浴びると突如ジミーにキックスクーター攻撃で襲われて試合は反則裁定となった。試合後にはこの反則に怒った中邑がジミーに顔面ハイキックを放てば、リドルもコーナートップのジェイを捕まえるとスーパーRKOを叩き込んでウーソズを蹴散らした。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑はインタビューで初タッグの感想を聞かれると「俺たちはバックグラウンドが似てるし、時々一緒にトレーニングもしている。タッグは始まったばかりだ」と言ってリドルと拳を合わせた。

 

=============

ロウ短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週水曜日に配信)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事