【新日本】鷹木信悟vsタイチのKOPW 2022争奪戦ルールが『鷹木式10分無制限ピンフォールマッチ』に決定!

新日本プロレスは10日、12日の大阪城ホール『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』で行われる『KOPW 2022』争奪戦のルールが『鷹木式10分無制限ピンフォールマッチ』に決定したことを発表した。

両選手は7日『KOPW 2022』争奪戦「ルール提案プレゼンテーション」を行い、タイチは『時間無制限決め技限定10カウントマッチ』、鷹木は『鷹木式10分無制限ピンフォールマッチ』をプレゼンし、日本語版&英語版の公式Twitterアカウントにてファン投票を行い、投票の結果16,110票を集めた鷹木提案のルールに決定した。

この決定に鷹木は自身のTwitterにて「10分で何を見せるか… 盆戦になる可能性だって多いにあるが やり方次第ではIWGPやNEVERよりも面白くする事が出来るはず 攻撃は最大の防御! 10分間でどれだけフォールが奪えるか、俺も限界に挑戦してみるかな…」とつづった。

『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』
日時:6月12日(日) 12:30開場/14:00開始
会場:大阪・大阪城ホール

第7試合 10分勝負
『KOPW 2022』争奪戦 鷹木式10分無制限ピンフォールマッチ
<KOPW2022保持者>
鷹木 信悟
vs
<チャレンジャー>
タイチ
◆鷹木信悟提案ルール
「鷹木式10分無制限ピンフォールマッチ」
10分間でより多くのピンフォールカウントを奪った選手を勝者とする。
3カウントピンフォール、ギブアップ、リングアウトでの決着はなしとする。

▼大会詳細は公式サイトにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/347920?showCards=1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事