【アイスリボン】「ICE×∞王座決定トーナメント」ベスト4出揃う!6.18横浜ラジアントホール

アイスリボンは6月18日(土) 、ラジアントホールにて「横浜リボン2022・June」を開催。

「ICE×∞王座決定トーナメント」2回戦が行われ、ベスト4が出揃った。

横浜リボン2022・June
日時:2022年6月18日(土)11時30分開場/12時00分開始
会場:ラジアントホール
観衆:170人(満員)

★エキシビションマッチ3分間
星ハム子 (0-0) 篠瀬ありさ
※篠瀬ありさ 6月26日後楽園ホール大会にてデビュー決定

【エキシビションマッチ】

練習生のありさにとって、道場以外の会場での初エキシ。リングの大きさも異なり、会場の雰囲気も違う状況で、星ハム子に挑んだ。ロックアップからロープ際にハム子を詰めたありさはエルボーの連打。

さらにハム子相手にタックル合戦を挑むなど、気持ちに強さもみせたありさは、ハム子の逆エビ固めにも耐え抜き、遂にハム子をタックルで倒すと、さらにボディスラムを決め、スクールボーイで攻め立てて3分を戦い抜いた。

〈試合後のリング上〉

ハム子「今日、エキシビション、何回目?」

ありさ「3回目です!」

ハム子「初めてやったけど…(息遣いが荒い)…いいねえ!篠瀬ありさ、いいんじゃない!デビューしたい?」

ありさ「はい!」

ハム子「早くデビューしたい?」

ありさ「したいです!」

ハム子「(本部席の藤本に)つっか、早くデビューしたいって。」

※藤本がリングに上がる。

藤本「どうしよう、涙が…。」

ハム子「泣いてんじゃないよ!こっちは疲れてるんだよ!このあと試合もあるんだよ!」

藤本「早くデビューしたい?」

ありさ「はい!」

藤本「6月26日の後楽園大会はアイスリボンのロゴが変わる、新しい始まりの日です。そこで、デビューをしましょう!(観客の拍手を聞きながら)篠瀬ありさ、デビュー決定!実はお父様にはいつでもデビューできるように、コスチュームを作っておいてくださいと伝えておりました。なので新しい日に新しいコスチュームを着て、デビュー頑張ってください!」

ありさ「(泣きながら)ありがとうございます。」

◆第1試合 ICE×∞王座決定トーナメント2回戦15分1本勝負
×トトロさつき (11分03秒 ギブアップ) 本間多恵〇
※腕ひしぎ十字固め
※本間多恵 6月26日後楽園ホール トーナメント準決勝進出

【第1試合】

6月26日後楽園ホール大会の準決勝・決勝への進出者を決める2回戦第1試合は6月5日大阪大会でリボンタッグ戦を行ったばかりの本間とトトロの一戦。

いきなりバックに回った本間だが、トトロは冷静に裁くと腕を絞め上げる。さらにヘッドロックを決めるが、これを逃れた本間はバックからおんぶスリーパー。コーナーに叩きつけても粘る本間をトトロはリング中央で自ら後方に倒れてスリーパーから逃れると串刺しラリアット、本間の腹の上に乗っての踏みつけから逆エビを狙う。

本間は足を取られた状態から上体を起こし、ポジションを横に移動すると腕十字へ。

トトロが反転し逃れると本間の腰にセントーン、ボディプレスを決めカバー。カウント2で返した本間は脇固めへ。さらに反対の腕も抱え込むが、ここでトトロがロープへ逃れる。

トトロの腕をロープに絡めてストンピングを入れる本間。さらに締め上げて、自らロープに飛ぶが、ここでトトロがカウンターのラリアット。

両者倒れ込むが、共に上体を起こしてのエルボーの打ち合いへ。さらにスタンディングでのエルボー合戦から本間がDDT、ミサイルキックでカバーもカウント2。

トトロにバックに回った本間だが、こらえたトトロはクロスボディで押し潰しカウント2。続けてヒップドロップを連発してのフォールもカウント2。

セントーンを決めたトトロを本間がエビ固めで返すもカウント2。トトロがカミカゼから動くこと雷霆の如しを決めるも、これを本間がカウント2でキックアウト。

客席からどよめきが起こる。トトロがセコンドからのダイビングセントーン。これを自爆させた本間は「もらったーっ!」と叫びながらの腕ひしぎ十字固めを決め、トトロからの逆転勝利でベスト4に一番乗りを決めた。

◆第2試合 タッグマッチ20分1本勝負
チェリー&×キク (12分30秒 エビ固め) 朝陽&松下楓歩〇
※ファルコンアロー

【第2試合】

共にタッグチームとしての実績を残していきたい魁!女熟と1年9組の対戦が実現。開始と同時に奇襲攻撃を仕掛けたのは1年9組。

朝陽がキクに、楓歩がチェリーに同時ドロップキックを叩き込み、さらにキクを捉えると、クイックタッチでの連続攻撃や連係も見せ、試合の主導権を握る。

この日がデビュー19年目の第1戦でもあるチェリーがキクをアシストしながら、試合の流れを引き戻そうとするも、勢いに1年9組にあり。

最後もチェリーをダブルのブレーンバスターで場外に落とし、残ったキクを楓歩がファルコンアローで沈めた。

〈試合後のリング上〉
※1年9組がマイクを要求。

楓歩「1年9組、勝ちましたーっ!私達がマイクを持ったということは皆さん、わかりますか?今、ここにチャンピオンいないですけど…。」

朝陽「なんでいないんですかね?タッグチャンピオン不在の大会なんて、過去に腐るほどあったかもしれないけど、今のアイスでそれはダメなんじゃないのか!」

楓歩「ということで、1年9組、リボンタッグに挑戦表明…。」

2人「しまーす!」

朝陽「ここにトトロさんもまなせさんもいないので、聞こえるようにもう一度、大きい声で言います!」

2人「1年9組、リボンタッグに挑戦しまーす!」

朝陽「トトロさん、まなせさんからOKの声が聞こえるのですが、皆さん、いかがでしょう?」

※観客から拍手が起こる。

朝陽「なめとったらあかんでよって言ってますよ、トトロさん。今、アイスリボンの純血・所属タッグが1年9組のみとなっております。他団体の人が巻いてアイスリボンはハッピーだって言っているような団体にしてられないですよ。今こそ1年9組が動く時だと思います。日程は実は決めてないんですけど、でも早いうちがいいな~って思ったりしちゃったりとかね。」

楓歩「来週、後楽園があったりしちゃったり。」

朝陽「あったりしちゃったりするので、どうでしょう?できればそこがいいなっていうことは大きな声でお届けしたつもりです。」

2人「以上、1年9組でした!」

◆第3試合 8人タッグマッチ30分1本勝負
ラム会長&山下りな&雪妃真矢&×咲蘭 (16分06秒 ブロックバスター・ホールド) 星ハム子&櫻井裕子&柳川澄樺&NATSUMI〇

【第3試合】

ハム子、咲蘭以外は他団体・フリーでメンバー構成された華やかな8人タッグ戦。

試合は序盤から8人の選手が入り乱れながらの激しくスリリングな攻防が展開された。スタートはこの日がアイスリボン復帰戦のラム会長。

相手チームはもちろん、味方からも手荒い祝福を受けながら、いつもの中指ポーズを決めたり、スピーディな動きで相手を翻弄したりと、コンディションの良さをアピール。

しかし、会長以上に、この試合で先頭に立って暴れまくったのがハム子。何度も山下のボディブローを浴びながらも、キャリアの若い櫻井、柳川、NATSUMIを好リード。

的確な指示を与えながら、最後は咲蘭を捉えると、ハム子を中心にしたフォーメーションから、粘る咲蘭をNATSUMIがカウンターのブロックバスターに決め3カウントを奪った。

➡次ページへ続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2