【新日本×AEW】棚橋がモクスリーと注目の一騎打ちに敗れる!モクスリーがAEW暫定世界王者に

新日本プロレスは現地時間6月26日、アメリカ・イリノイ州シカゴでAEWとの合同興行『AEW x NJPW: FORBIDDEN DOOR』を開催。

会場には歴史的な大会を見守ろうと16,529人(超満員札止め)の観衆が集った。

『AEW x NJPW: FORBIDDEN DOOR』
日時:2022年6月27日(月) 18:00(アメリカ東部時間)開始
会場:アメリカ・United Center(イリノイ州シカゴ)
観衆:16,529人(札止め)

メインでは棚橋弘至とジョン・モクスリーがAEW暫定世界王座戦を争う注目の一騎打ちが実現。

初対決となる両者は序盤からシリアスなモードで試合を運び、場外に落ちるとモクスリーがテーブルを棚橋に投げつけ一気にヒートアップ。

乱打戦になるとモクスリーが流血となり、棚橋がモクスリーに対しコーナー最上段からハイフライアタックを発射。

終盤になって棚橋がハイフライフローを連発して勝負に出たが、カバーが遅れる。

最後はモクスリーが棚橋にデスライダーを決め激闘の果てに勝利した。

【試合結果】

▼メインイベント AEW暫定世界王座戦 60分1本勝負
ジョン・モクスリー 〇
vs
棚橋 弘至 ×
18分14秒  デスライダー→エビ固め

※モクスリーがAEW暫定世界王者となる

試合後、棚橋とモクスリーが健闘をたたえ合うと、そこにAEWのレスラー達が次々と乱入。

ジェリコ感謝協会が無法襲撃を行うとそこにBLACKPOOL COMBAT CLUBが救助に駆け付けた。

最後はモクスリーと棚橋が正座で礼を交わし大会が終了した。

<写真提供:All Elite Wrestling>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事