【WWE】イケメン二郎が“キング・オブ・スタイルストロング”を主張もヴィンチとの対戦で手痛い黒星

日本時間6月30日にNXTが配信配信され、イケメン二郎がイタリア出身の“伊達男”ジョバンニ・ヴィンチと対戦も、ラストライドで沈んで手痛い黒星を喫した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

先週、イケメン二郎が「お前はスタイルストロングなのか?」とヴィンチを挑発して2人の対戦が決定すると「俺はキング・オブ・スタイルストロングだ」と自身のツイッターに投稿して意気込んだ。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合ではジャケットパンチ2発を放って攻め込むと、ヴィンチにスープレックスや強烈なチョップ3発で反撃されて白熱の攻防を展開。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてジャケットパンチや延髄切りからムーンサルトを狙うも、これをヴィンチにかわされてマットに自爆すると最後はスプリングボード・トルネードDDTからラストライドを浴びて3カウント。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イケメン二郎は“スタイルストロング”を確かめたヴィンチに屈辱の敗戦を喫した。

WWEネットワーク
http://network.wwe.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事