【ZERO1】佐藤嗣崇がクリス・ヴァイスを撃破し『火祭り2022』初戦を好発進!<7.2山梨大会>

プロレスリングZERO1は7月2日(土)、山梨プロレス祭り Vol.4 第22回ZERO1真夏の祭典・火祭り2022~大谷晋二郎エイド・何度でも立ち上がれ~を開催した。

メインでは『火祭り2022』公式戦が行われ佐藤嗣崇が難敵クリス・ヴァイスを撃破し、初戦を白星で飾った。

ZERO1山梨プロレス祭り Vol.4 第22回ZERO1真夏の祭典・火祭り2022~大谷晋二郎エイド・何度でも立ち上がれ~
日時:2022年07月02日(土) 試合開始18時30分(17時30分開場)
会場:山梨県・小瀬スポーツ公園 体育館サブアリーナ
観衆:153人

▼第1試合 シングルマッチ 15分1本勝負
◯北村彰基(9分37秒流星ロック)星野良×

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
◯立花誠吾&マスクドKJ(14分25秒逆さ押さえ込み)横山佳和&一×

▼第3試合 『火祭り2022』Bブロック公式戦30分1本勝負
永尾颯樹×〈1戦1敗=0点〉(11分28秒お卍固め)◯阿部史典〈1戦1勝1敗=5点〉

前々回の新木場大会にて大熱狂をしたバチバチの好カード。序盤は、両者の意地と意地とがぶつかり合う攻防。

永尾の顔面へのドロップキックが阿部に決まり、ペースを掴むと思いきや、阿部も譲らず永尾の顔面目掛けて蹴りで場外へ叩き落とし場外乱闘へ。

阿部の場外でのボディスラムで永尾を苦しめ、試合の主導権を阿部が握る。腹部への蹴り、足四の字固めで阿部が永尾をさらに苦しめる。

永尾をバックエルボーで反撃に望むも、お卍固めが完璧に決まり阿部が永尾からギブアップを奪い、勝ち点5を獲得した。

▼第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
田中将斗&菅原拓也&◯関根シュレック秀樹(17分14秒ジャーマンスープレックスホールド)太嘉文&馬場拓海×&松永準也

▼第5試合 『火祭り2022』Aブロック公式戦30分1本勝負
◯佐藤嗣崇〈1戦1勝=5点〉(15分9秒片エビ固め)クリス・ヴァイス×〈1戦1勝1敗=5点〉
※ラリアット

褐色の巨人VS 鋼鉄戦よ士 巨漢同士の一騎打ち。両者一歩も引かない迫力満点の肉弾戦を繰り広げる。クリスが一瞬の隙をつき人間魚雷を佐藤へ決め、戦場を場外へ移す。

場外乱闘だと一枚上手のクリスが椅子攻撃で佐藤の足を痛めつける。照準を佐藤の足に絞り、足を攻める続けるクリス。しかし、山梨プロレス祭り代表の佐藤も山梨では負ける訳には行かずと、ボディスラム・アグレッシブバスター・ブレーンバスターで反撃に望む。

佐藤がラリアットを決めるもクリスはカウント2でキックアウト。しかし、最後は渾身のラリアットがクリスを撃ち抜き。

佐藤が勝ち点5を獲得した。

<写真提供:プロレスリングZERO1>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事