【まなせゆうなインタビュー】ウナギ・サヤカはまなせに憧れてる?衝撃の胸噛みつき会見と、大田区大会の見どころについて語る<プロレスTODAY増刊号>

ガンバレ☆プロレスまなせゆうながプロレスTODAY編集部に来社。

まなせは7月10日(日)に迫ったガンバレ☆プロレスのビッグマッチ『WRESTLE SEKIGAHARA』で、かつての後輩であるスターダムのウナギ・サヤカとの対戦が決定している。

試合前の会見で起こった前代未聞の胸噛みつきハプニングなど、当日の心境やウナギ・サヤカへの思いについて語ってくれた。

また各試合の見どころを、参戦選手から預かったコメントを交えて解説。

インタビュー後には、団体から女子選手が入団すると発表があり、どういった選手が入団するのか気になるところ。

過去記事:【ガンプロ】7・10大田区総合体育館『WRESTLE SEKIGAHARA』にて新入団女子選手を発表へ

【大会名】WRESTLE SEKIGAHARA
【日時】2022年7月10日(日) 開場13:00 開始14:00
【会場】東京・大田区総合体育館

▼インタビュー全編はコチラからご覧ください。


▼スペシャルシングルマッチ

まなせゆうな
  vs
ウナギ・サヤカ

――7月10日(日)に大田区総合体育館で『WRESTLE SEKIGAHARA』が開催されますね。

まなせ「今までのガンバレ☆プロレス9年間で、一番大きな会場です!もうみんな気合が入りまくって、訳分かんないことになってますね(笑)。私たちの大一番ですし、勝負の場所なので全てをつぎ込んでいきたいと思っています。」

①ウナギ選手が5・26新木場に乱入「初めてのシングル戦で負けなたのが私の黒歴史」と対戦要求、その時の試合(2019年1月5日)を振り返って

――ウナギ選手との会見では、大変なことが起こりましたね。

まなせ「ほんと大変ですよ、胸嚙まれたり、鷲掴みにされたり・・。何考えてんだ、この人はって思いましたよ。」

――youtubeでも再生回数すごいですね。男性ファンの方は、気になってしょうがなかったんじゃないでしょうか。

まなせ「素直だなぁ(笑)」

――ウナギ選手とは2019年のシングルマッチで対戦が初顔合わせでしたね。

まなせ「ウナギ選手の初めてのシングルマッチがわたしだったみたいですね。彼女は表現することだったりとか、プロレスの戦い以外のところもとても勉強しているし、自分を見せることに関してとても気合を感じる選手だなと思いましたね。」

――ウナギ選手は会見で『黒歴史』を強調されてましたね。

ウナギ・サヤカ
「私は2019年1月4日にデビューして、1月5日が初めてのシングル。相手がまなせゆうなでした。あのとき、ボロボロに負けた。こんなまなせゆうなに負けたことだけが黒歴史。必ず、自分の黒歴史は自分でひっくり返して、7月10日はまなせゆうなの黒歴史の日にしてやりますよ。7月10日は誰も連れていかず、私一人で乗り込みたいと思います。」

まなせ「これずっとわたし言ってることなんですけど、自分の試合で負けたこともあるし悔しいこともあるんですけど、全部今のまなせゆうなに繋がってると思うんですね。だから彼女たちがいたから今の私になれているので、彼女たちに負けたことを黒歴史と言わないですね。だからその時点で・・・、あの日乱入してきた時点で、まなせゆうなを倒せる自信がついたから来たんだと思ったんですよ。でも、そうじゃないのかなって感じちゃったんですよね。今の現状に不安があるのか何なのか知らないけど、本当に自信があったら私と戦えよでいいと思うんですよね。でもわたしの体形をいじったり、ガンプロを馬鹿にしたり、そんなのはいらないですよね。純粋に自分に自信があるから、私と戦えでいいと思うんですよ、ウナギ・サヤカは魅力的な選手なので、その言葉だけで全然興奮するんですよ。」

――なるほど。

まなせ「でもあおり方を見ても、あおってるというより罵ってると感じてしまって。あおりって大事だとは思うんですよ、試合前のあおりだとか。でも今回誰をあおってるんだろ?と思って。一番あおらなきゃいけないのは、対戦相手の気持ちとかを上げることだと思うから、それだったらわたしは全然あおられてないからそんな言葉はいらないよって思いますね。」

――まなせさんの心には全然響いてこなかったと。

まなせ「全然響いてこなかったですね。会見のときにベルト戦線に絡んでいきたい、そのためにシングルでわたしを手始めに倒したいて言ってるんですね。その方が意味があるというか。シングルマッチをさらにこれから頑張りたいから、シングルのときの悔しい気持ちを果したいとかなら分かるんですよ。いや、分かんねえや、ウナギ・サヤカのシングルベルトの踏み台になる必要なんてないから。もっとシンプルにまなせゆうなと試合がしたいって来てほしかったなって思いますね。」

――会見ではこんなこともされましたが、これ・・まなせさんも昔にやってましたよね・・・?


©ガンバレ☆プロレス

まなせ「まあねぇ。ってことは私みたくなりたいからこういうことしたのかな?」

――ある部分では、まなせさんに憧れてるのかもしれないですね。

まなせ「憧れの人にこんなことしちゃダメだよ!これは胸絞ってるだけですけど、この後ですよ!胸噛まれたんですよ!!」

――だいぶ長かったですよね。びっくりしませんでした?

まなせ「びっくりしましたよ!跡ついたし。めっちゃ跡残ったから、あの日の別の取材で乳出せなくて。ロッシー小川に請求するしかねぇなって(笑)。でもね、私の『百戦錬磨の乳』なんでね、超回復するので。7月10日までにはつやっつやのおっぱいで行ってやりますよ!」

――楽しみですね。でも、ウナギ選手が今コズミック・エンジェルで輝かれてますが、振り返ったときにまなせゆうなを思い出したということは、それだけまなせゆうなが魅力的なんでしょうね。

まなせ「あら、そういうこと?でも私も彼女に対しては、東京女子時代もそうだし、スターダム行った初期の頃とか多少連絡取ったりしてて。相談もされてたので、頑張れって思ってたんですけど・・・。まさか自分のビックマッチでこんな風にシングルマッチが決まるとは・・・プロレスって長く見るといいですね(笑)。でも本当にそんなこと思ってんのかな?Twitterでもすごいんですよ!」

――そうですね。ある意味、恐いまなせゆうなを見たいってことでしょうか。

▼ウナギ選手:会見後にツイート

 

まなせ「恐いまなせゆうなってなんなんですかね?自分の中で戦いに関して、ガンプロに来てからは特にそうですけど、目の前の1試合に全てをかけたいんですよ。全部の試合に。だから恐いっていうのは、何かで見た試合のまなせゆうながそうだったのか、なんなんでしょう。」

――自分仕様のまなせゆうなで来てくれってことでしょうか。

まなせ「まあそれはもちろん7月10日に向けて。リングにはウナギ・サヤカとまなせゆうなの2人っきりしかいないんでね。ウナギ・サヤカを堪能させてもらいますよ。」

▼まなせ選手:会見後にツイート
「安心しな、おいしいとこをウナギ・サヤカに譲りなんてしないから。
 何をしたいかわかったか?ガンプロのまなせゆうなが美味しそうだから堪能した いってことでしょ?喰われる気さらさらないけど。」

――スターダムに入団したウナギ選手、ガンプロで今がむしゃらに頑張っているまなせ選手、2人の過去が今に繋がった試合になるわけですね。

まなせ「でも本当に自分の勝利しか見えないので。この試合で何を証明したいのかって聞かれたんですけど、自分が勝つことが大前提の試合だと思ってるのでそのときは思いつかなかったんですけど・・・。もしかしたら、過去を大事に否定しないで来たわたしと、今新しく変わろうとして過去を消そうとしているウナギ・サヤカの違いがあるわけで。わたしは今まで通ってきた道も、出会ってきた人たちも全部必要だと思っているから、そのうえで勝利して肯定して、自分の選択してきた道が正しかったことを証明したい!そういう全てのことをウナギ・サヤカにぶつけて、私が今幸せであることを証明したいと思いました。」

 

――では、『WRESTLE SEKIGAHARA』その他の対戦についてもお伺いしたいと思います。

まなせ「はい!これ1時間前にみんなの気持ち聞こう!と思ってLINEでコメント募集をみんなに送りました(笑)。今続々と届いているので代読してお伝えさせていただきたいと思います!」


▼ガンプロ名物3vs2ハンディキャップマッチ
ガンバレ玉川 & 島谷常寛 & HARUKAZE
     vs
怨霊 & YuuRI  with  一般人 澤宗紀

HARUKAZE
「ガンプロ初期戦士のばってん(ガンバレ玉川)さんとガンプロ女子部1号HARUKAZEが組むなんてガンプロの歴史を感じられる超絶エモいタッグが大田区で爆誕します!そこに実力派の島谷さんが加わって対戦相手にはガンプロの未来のYuuRIちゃん、何が起こるかわからない怨霊さん、そして私がプロレスラーになる前に大好きで試合を見に行っていた澤宗紀さんがwithでいるなんて本当にプロレスって夢があるなとずっと10日の試合のことを考えてワクワクしています!
玩具箱ひっくり返したような試合になること間違いなしです!皆さんにもワクワクしてもらいたいです!」

 


▼ガンバレ☆プロレスvs高岩軍団

岩崎孝樹 & 前口太尊
    vs
高岩竜一 & 5代目ブラックタイガー

岩崎孝樹
「こんにちは。大会全体に火つけれるように頑張ります。よろしくお願いします!」

まなせ「今、岩崎選手パーソナルで本当に忙しくて。忙しい中、頑張って送ってきてくれました(笑)。この試合は、前々回のガンプロのメインで、岩崎さんと高岩さんが戦っているのでその続きが見れるんじゃないかなと思います。前口太尊選手は、今ガンプロで大暴れしてまして。こんなに心がきれいな人なかなかいないですよね。それが試合にも出てるので、謎に楽しみです。何心が分からないけど(笑)」

 


▼因縁の四獣集いし関ヶ原~スペシャルタッグマッチ~
石井慧介 & 入江茂弘
    vs
木髙イサミ & 石川修司

石井慧介
「10年近く前、チームドリフとしてユニオンプロレスに上がっていた時期があり抗争がありました。当時はDDT対ユニオンでしたが、月日が経ち現在はガンプロ、BASARA、全日本プロレス、ストロングハーツといった変わりようです。
試合のほうは激闘必至といったところでしょうか。どの組み合わせでも激しくなる予感がします。自分自身もボロボロになる覚悟でこの試合に挑みます。
そして、大会全体を見ると素晴らしいカードが揃っています。各選手、結果も出してこの大会をきっかけにいつも負けている団体というイメージの打破、泥臭いという部分だけではなく、プロレス団体としての自信をつけて、どんどん団体も選手も上がっていけたら良いなと個人的には思います。」

まなせ「いしいさ~ん!!ガンプロのことそんな風に思ってくださってるんですね。自分のカードにコメントくださいって送ったのに、全体のことも考えて・・・いしいさ~ん!!いしいさん!!」

――今回のメッセージとは別に、石井選手ですがまだイサミ選手に勝ったことがないと。だからイサミさんに勝ちたいという強い思いがあるようですね。

まなせ「そうなんですね。先日、前哨戦もあったんですけど乱闘もあって・・・私止めに行ったんですけど、ガンガン蹴られて大変でしたよ(笑)」

 


▼ガンバレ☆プロレス vs Eruption
渡瀬瑞基 & 春日萌花 & 冨永真一郎 
                          vs
坂口征夫 & 赤井沙希 & 岡谷英樹

渡瀬瑞基
「再戦を受けてくれたイラプションの漢気に感謝してます。
ガンプロユニバースをもう一度背負って、ハルフィーの思いも背負って当日、大喧嘩しましょう。」

――さいたまスーパーアリーナでの大会は負けてしまいましたけど、渡瀬選手が髪を剃って再戦要求をするという激しい場面がありましたよね。

まなせ「ほんとに。ワイルドな顔面がさらに・・。わたしは泣いてしまいましたよ。控室でもずっと悔しい・・って言っていて。それを思い出すと今でもウルウルしちゃいますね。。春日さんもハルフィーで以前勝村さんと桜井鷲と3人でEruptionと対戦したんですよね。コロナ禍ということとかいろんなことでストップしてしまってたんですけど。今回渡瀬瑞基という新しい血が入って、そして冨永ちゃんも・・・冨永ちゃん、すごい興奮してて。前回の渡瀬の一件で『わたせー』ってツイートしてたので、火が付いたんでしょうね。」

 


▼スペシャルシングルマッチ
鈴木みのる vs 勝村周一朗

勝村周一朗
「ガンバレプロレスの勝村です!
今回念願かなって鈴木みのる選手とシングルで戦えることになりました。尊敬や憧れの念は捨てて、勝ちにいこうと思います。
鈴木さんのどんな技にも、一撃必殺の関節技での返しを考えています。弱者には弱者なりの戦い方があります。
世界のプロレス王を、小さな団体の小さなレスラーが倒すところを見に来てください!!」

まなせ「弱者っていっても・・・勝村さん、元修斗チャンピオンですからね。謙虚、謙虚~。
ちなみにこの大会、実選手の入場『風になれ』が声出しできるんですよ。実は紙テープ、横断幕、マスクをつけての声援は大丈夫なので、歌えちゃうんですよ!」

――それは、みのる選手がさらにパワーアップするかもしれないですね。

まなせ「だから私たちガンプロ勢は・・・、勝村さんの歌を覚えて歌わなきゃならない!勝村さんにはお世話になっているので、歌って踊りますよ!」

 


▼メインイベント~スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権試合
<王者>今成夢人 vs 大家健<挑戦者>
※第2代王者は初防衛戦

大家健
「大家健、今成夢人の関係がガンバレ☆プロレスの歴史そのものだと俺は思っています。
最初は俺が今成を叱咤激励する親子のような関係、どんどん親離れしていって今成は俺のいないところで活躍するようになった。そしてついに高岩竜一に勝ってスピリットオブガンバレのチャンピオンになった。時には親子、時には友達、時にはパートナーとして九年間一緒にやってきた二人がガンプロ史上最大のビッグマッチのメインイベントで敵同士として闘う。
今の今成は強い!!!
だからこそ俺は今成に勝ちたい。
当日は“史上最高の大家健”を仕上げて天下分け目の闘いに望みます!!!
これがガンバレ☆プロレスだ!という試合をみせます。
みなさん是非ともご覧ください!!!」

今成夢人
「これは人生において”持たざる者”だったもの同士のメインイベントです。”持たざる者”だった二人はガンバレ☆プロレスによってその運命に抗い、人生を変えました。ガンプロがなければ悲惨な人生だったかもしれない者たちが、ガンプロによって再起し、奮起して、今この瞬間を訪れます。そして今成夢人こそがガンプロによって最も人生を再起させた男であり、大家健にとって最大の敵として立ち塞がります。きっと見ているアナタの中にも”今成夢人”や”大家健”がいるはずです。是非重ね合わせて見て欲しい。他人事には思えない物語を提供し、そして私がガンプロの王であることを証明します。」

――『持たざる者同士の戦い』という表現はグッときますね。

まなせ「今成さんっぽい。でも大家さんと今成さんという存在は、本当に私の中で大きくて。彼らはたくさんいろんなものを持ってて、それをわたしに与えてくれるんですよ。だから『持たざる者』だなんて全然思わないんですよね。でもそうやって9年間、そうなろうと思ってきたんだな、2人はそうやって頑張ってきたんだなと思うと・・・私はこの試合があるのが嬉しいよ。」

――本当に2人がここでメインで戦うというのが、物語の集大成という感じがしますし、ワクワクしますね。本当にメインだけではなく、ガンバレ☆プロレスの歴史が詰まっている戦いが見れるというのは楽しみですね。

まなせ「私以上にこの9年間追ってくれていた方は、おぉ!ってなるカードばかりだと思うので、ぜひ見に来ていただきたいです。」

――まなせさん自身もウナギ・サヤカ選手と今回区切りをつけて、また新しいまなせゆうなを見せていただけたら嬉しいです。

まなせ「そうですね。集大成ではありますが、これからのガンバレ☆プロレスを見せる大会でもあると思っているので、ぜひ楽しみにしていただきたいです!」

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

▼インタビュー全編はコチラからご覧ください。

 

▼大会詳細などは公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/17598

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事