【ドラゴンゲート】7/30 & 31 の神戸ワールド記念ホール2連戦における2夜連続のドリームゲート戦が決定!

ドラゴンゲート7.7 後楽園ホール大会にて行われたオープン・ザ・ドリームゲート選手権は箕浦康太の乱入によってノーコンテストの無効試合に。

当事者の箕浦がドリームゲート王座への挑戦を口にすると、納得のいかない近藤修司と吉岡勇紀がこれに待ったをかける。

事態を重く見た斎藤了GMは、以下のとおり3選手による次期・次々期挑戦者決定戦と、7/30 & 31 の神戸ワールド記念ホール2連戦における2夜連続のドリームゲート戦を決断した。

▼7月24日(日) 17:00試合開始
兵庫・神戸サンボーホール
【決定分対戦カード】
オープン・ザ・ドリームゲート王座
次期・次々期挑戦者決定3WAYマッチ
近藤修司
vs
吉岡勇紀
vs
箕浦康太
※試合は勝ち残り戦で行なわれ、第1敗者以外の2名は挑戦権を獲得。
なお、勝者は挑戦日程(初日=7/30 or 2日目=7/31)の選択権を得る。

▼7月30日(土)16:00試合開始
兵庫・神戸ワールド記念ホール ※2連戦・初日
【決定分対戦カード】
★オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
《王者》
KAI
vs
《挑戦者組》
近藤修司 or 吉岡勇紀 or 箕浦康太

▼7月31日(日)15:00試合開始
兵庫・神戸ワールド記念ホール ※2連戦・2日目
【決定分対戦カード】
★オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
《王者》
7/30の勝者
vs
《挑戦者》
近藤修司 or 吉岡勇紀 or 箕浦康太

<写真提供:DRAGON GATE>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事