【DDT】1年ぶり復帰の大石真翔が8・7多賀城でMAOと一騎打ち!MAO「あとチケット50枚売って勝ったら弟子と呼んでもいい!」

 DDTプロレスが7月22日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、同24日の東京・後楽園ホールで1年ぶりに復帰する大石真翔が意気込みを語った。

 大石は昨年7月16日の宮城・白石大会で腰骨を骨折し長期欠場していたが、ようやく復帰することになった。7・24後楽園では平田一喜と組み、彰人、石田有輝組と対戦。8月6日の横浜ラジアントホールでは火野裕士とのタッグで秋山準、高鹿佑也組と激突。同7日の宮城・多賀城市文化ホールでは同県出身のMAOと一騎打ちを行う。

 大石は「会社には様子を見つつ、バリバリやらせてほしいと要望していました。練習をやっていて、いけるんじゃないかと手応えも感じてて。秋山さんと対戦させてほしいとお願いしてました。秋山さんがいて、今の僕があって、復帰できるのも秋山さんのおかげだと思いますし、(横浜では)1年間の思いをリング上で晴らしたい。心強いパートナーをと思っていましたが、まさかの火野裕士。気心知りすぎてる。そして、多賀城大会。1年前に宮城で骨折して、1年ちょっと経って宮城に帰れる。ここでMAOとシングルやりたいとお願いしてました。MAOちゃんはNωA時代から、かわいがってて弟子の一人だと思ってるので…」と述べると、MAOが登場。

 MAOは「オラ、オマエのことを師匠だなんて思ったことない。ディス・リスペクトしてただけだ」と宮城なまりで発言。大石があっけに取られていると、MAOは「あとチケット50枚、アンタの力で売ってこい。売って、シングルで勝ったらアンタのことをリスペクトしてやる。そしたら弟子と呼んでもいい」と投げかけた。

【大会名】Summer Vacation 2022
【日時】2022年7月24日(日) 開場10:30 開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

オープニングマッチ 大石真翔復帰戦 30分一本勝負
大石真翔&平田一喜 vs 彰人&石田有輝

【大会名】Road to PETER PAN 2022 in MIYAGI
【日時】2022年8月7日(日) 開場14:30 開始15:00
【会場】宮城・多賀城市文化センター・小ホール

宮城名物スペシャルシングルマッチ
MAO vs 大石真翔

▼大会詳細は公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事