【東京女子】鈴芽が“あこがれの先輩”辰巳リカを下す金星で「東京プリンセスカップ」準決勝へ!「これからも私にとっての一番の目標は辰巳リカを超えること」

 東京女子プロレスの夏のシングル最強決定トーナメント「第9回東京プリンセスカップ」準々決勝が7月31日、東京・大手町三井ホールで開催された。“新星”鈴芽が同団体入りのきっかけとなった“あこがれの先輩”辰巳リカから金星を挙げ、初のベスト4進出を決めた。

 開始早々、鈴芽はドロップキック連打、丸め込み連発で一気に決めにいくも、辰巳は鈴芽のコスチュームの羽の部分を引っ張るなどして応戦。鈴芽の足にマトを絞った辰巳は鉄柱攻撃、足4の字固めで追い込んだ。鈴芽はリング・ア・ベルで一発逆転を狙うもカウントは2。辰巳はスリーパー、ドラゴンスリーパーで絞め上げるも、鈴芽はなんとか脱出。

 辰巳がツイスト・オブ・フェイトを狙うと、阻止した鈴芽は十字架固めで丸め込んで3カウントを奪い、感極まって涙を見せた。

 鈴芽は「突破しました。こんなんでリカさんを超えたとは言えないので、これからも私にとっての一番の目標は辰巳リカを超えることです。執着心の勝ちかなというか、自分で無謀なことを言ってる自覚はあったんです。でもゼロじゃないと思って。その数パーセントを1パーセントでもなんでも積み重ねて、そこをもぎ取った勝ちかなって思います」と満面の笑み。一方、辰巳は「潔く負けは負けって認めます。言い訳はありません」と話した。

 大会終了後に行われた準決勝(8月13日、東京・後楽園ホール)の組み合わせ抽選の結果、鈴芽は坂崎ユカと対戦することが決まった。

【大会名】東京プリンセスカップ
【日時】2022年7月31日(日)
【会場】東京・大手町三井ホール
【観衆】284人

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
○伊藤麻希&遠藤有栖 vs 宮本もか&長野じゅりあ●
10分26秒 伊藤パニッシュ

▼第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
瑞希 vs ○上福ゆき vs 猫はるな●
8分53秒 片エビ固め
※押さえ込む。

▼第三試合 20分一本勝負
○荒井優希&らく&原宿ぽむ vs ハイパーミサヲ&桐生真弥&鳥喰かや●
13分8秒 片エビ固め
※Finally

▼第四試合 トーナメント準々決勝 時間無制限一本勝負
●辰巳リカ vs 鈴芽○
11分10秒 十字架固め

▼第五試合 トーナメント準々決勝 時間無制限一本勝負
○山下実優 vs 角田奈穂●
9分21秒 片エビ固め
※Skull Kick

▼セミファイナル トーナメント準々決勝 時間無制限一本勝負
○坂崎ユカ vs 乃蒼ヒカリ●
12分55秒 片エビ固め
※魔法少女スプラッシュ

▼メインイベント トーナメント準々決勝 時間無制限一本勝負
●中島翔子 vs 渡辺未詩○
16分34秒 片エビ固め
※ティアドロップ

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事