【九州プロレス】設立14周年記念大会で野崎が玄海を破り新王者誕生!筑前vsTAJIRIは無効試合<8.11試合結果>

九州プロレスは8月11日、福岡アイランドシティフォーラムにて『九州プロレス設立14周年記念大会』を開催。

【試合結果】

2022.8.11(木祝)『九州プロレス設立14周年記念大会』
アイランドアイイベントホール
(福岡アイランドシティフォーラム)

[観衆:788名]

▼〈九州プロレス選手権試合〉60分1本勝負
 [王者] ✕玄海(19分59秒 砲弾スピアー→片エビ固め)野崎広大○ [挑戦者] ※野崎が第11代九州プロレス選手権王者となる

九州プロレス絶対王者の牙城が崩れた。
『風景を変える』と挑んだ野崎の意気込みは、開始直後に放った砲弾スピアーに表れていた!
野崎のパワー溢れる展開のなか、玄海がエプロンの野崎に放った飛技の際に負傷。
直後の砲弾スピアーで野崎がピンフォールを奪った。

▼〈シングルマッチ〉30分1本勝負
△筑前りょう太(7分53秒 無効試合)TAJIRI△

筑前りょう太のハンムラビ法典!
九州プロレス侵略を狙うTAJIRI構想に、怒り心頭の筑前がまさかの毒霧を放った!
毒霧同士討ちの場面があるなどリング上の無法地帯となり、ノーコンテストの裁きが下った。

▼〈シングルマッチ〉30分1本勝負
○めんたい☆キッド(10分49秒 めんたい式高角度前方回転エビ固め)SUGI✕

メキシコで同日同会場にてデビューした二人が初シングルマッチ!
SUGIの五次元空間殺法に、めんたいも負けじと空中戦対抗。最後は一瞬の隙を突いためんたいが勝利を収めた。試合後にはリマッチを誓う二人であった。

▼〈UWFスターレーンルール・シングルバウト〉20分1本勝負
○佐々木日田丸〈D1E3〉(11分05秒 TKO)田中稔✕〈D2E3〉

今年1月から始まったUWFというの名のもとに生まれた因縁や抗争に決着がついた。
がしかし、日田丸と稔のシングルマッチ戦歴は今回で1勝1敗となった。
UWFの炎は消えることなく、いつまでも燃え続けるであろう。

▼〈ハンディキャップマッチ〉20分1本勝負
✕ばってん×ぶらぶら(7分33秒 DDT→片エビ固め)藤田ミノル○
※もうひとりは、新井健一郎

阿蘇山の欠場と何故か玄武會の抗争に巻き込まれハンディキャップマッチを受けることとなった ばってん。
1人奮闘するも試合巧者の2人に勝てるハズもなく撃沈。
何とも“ばってん”な14周年大会となった。

▼〈シングルマッチ〉15分1本勝負
○桜島なおき(6分37秒 逆エビ固め)一寸蒼天✕

九州プロレス6年振りの新人レスラーが誕生!1年3ヶ月の練習生期間を経て、プロの扉を開いた。
九州最小158㎝のカラダで桜島に向かうも先輩の壁は高い。
悔しいデビュー戦となったが、希望に満ちた若者に大きな拍手が送られた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加