【WWE】中邑真輔がグンターと激闘もIC王座奪取ならず

ノースカロライナ州ローリーのPNCアリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間8月14日に配信され、中邑真輔がグンターとのIC王座戦に挑むも、激闘の末にグンターのパワーボムに沈んで王座奪取を逃した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、中邑はグンターのアッパーカットやボストンクラブを決められるも、飛び付きアームバーで反撃するとスピンキックや延髄切りをヒットさせた。さらにスプラッシュを狙うグンターをトライアングルで捕まえれば、そのままグンターにスープレックを決められて一進一退の攻防を展開。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤には痙攣式ストンピングやスライディングスープレックスを決めるとグンターの後頭部にヒザを叩き込んでキンシャサを狙ったが、逆にカウンターのクローズラインを浴びてしまう。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

チャンスを潰された中邑はグンターのスリーパーに捕まると最後はドロップキックからパワーボムを決められて3カウント。中邑はキンシャサを決めることができずにグンターに敗れて王座奪取に失敗した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/OW-Helrk8B0
WWEネットワーク
http://network.wwe.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加