【新日本】内藤がザックに1分58秒で勝利し準決勝進出!次戦のオスプレイとの初シングルに「めちゃめちゃワクワクしちまうぜ」<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは2022年8月16日(火) 、東京・日本武道館にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

第4試合ではCブロック公式戦が行われ、内藤 哲也とザック・セイバーJr.が対戦。

試合開始のゴング前から内藤がザックを挑発し、それに怒ったザックが襲い掛かり試合がスタート。

そこから丸め込みを仕掛ける両者であったが、ザックがザックドライバーの体勢に入るとすかさず内藤が首固めを仕掛け3カウントを奪取。

まさかの1分58秒の短時間で決着がつき、これで内藤 哲也は公式戦(4勝2敗=8点)、ザック・セイバーJr.は公式戦(4勝2敗=8点)となった。

同点首位になった内藤が直接対決でザックに勝利しCブロック代表者となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年8月16日(火) 16:30開場 18:00開始
会場:東京・日本武道館
観衆:3,227人

<試合結果>

▼第4試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 32』Cブロック公式戦
内藤 哲也〇(4勝2敗=8点)
vs
ザック・セイバーJr.×(4勝2敗=8点)
1分58秒  首固め

■試合後バックステージコメント

内藤「第3試合のEVILvs後藤の結果がどうなろうと、俺が今日ザック・セイバーJrに勝てば、今日の時点での脱落はない。そういうちょっと気持ちに余裕を持ちながら、今日はリングに立ちましたよ。去年の『G1 CLIMAX』開幕戦、今年の『NEW JAPAN CUP』決勝戦、そして今回。この1年間で3回のシングルマッチ。相変わらず苦手なタイプですよ。そんなザック・セイバーJrに勝利し、ファイナルトーナメント進出決定。明日の相手はDブロックを突破したウィル・オスプレイ。内藤哲也とウィル・オスプレイによる初めてのシングルマッチ、めちゃめちゃワクワクしちまうぜ、カブロン!」

ザック「ナイトー! どこにいる!? ナイトー! クソーッ!本来は俺がメインイベントでジェイ・ホワイトと闘うべきだった。そこで勝ち、『G1』の決勝進出……なのにクソナイトー! だからナイスガイは嫌なんだ! 俺はもうナイスガイはやめてやる! クソクソクソーーッ!『NEW JAPAN CUP』と『G1』、同じ年に両方優勝するダブルチャンピオンに俺はなるはずだったのに。6回目の『G1』、5年やってもまだ(IWGP世界ヘビー級の)ベルトは獲れない。あり得ない!」

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354198?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加