【DDT】米AEWから一時帰国の竹下幸之介が4ヵ月ぶりのDDTマットで白星!「DDTのレスラーとして、世界一になることが最高のドラマチックドリーム」

 DDTプロレスが夏のビッグマッチ「WRESTLE PETER PAN 2022」(8月20日、東京・大田区総合体育館)を開催。米AEWに長期参戦中で一時帰国した竹下幸之介が4ヵ月ぶりのDDTマットで白星を挙げた。

 4月10日の東京・後楽園ホール以来のDDT参戦となった竹下はMAO、ヤス・ウラノと組み、ディック東郷、佐々木大輔、KANON with MJポー&藤田ミノル組と対戦。竹下組は3人揃って場外へ編隊飛行を敢行するなど躍動。対するダムネーションT.Aも、東郷と佐々木の師弟コンビが同時にフェースロック、ペディグリーを繰り出すなど息の合ったところを見せた。

 竹下がKANONにザーヒーを叩き込むも、セコンドがレフェリーの足を引っ張り阻止。KANONが竹下にラリアットを見舞うも、竹下がKANONにジャンピング・ニーを浴びせて3カウントを奪った。

 竹下は「僕の夢は世界一のプロレスラーです。それが現実で、目の前まで見えてきました。でも、ここからの壁が高いことは知ってます。僕のホームはDDT。DDTのレスラーとして、世界一になること。これが最高のドラマチックドリームだと信じています」とマイク。

 バックステージで竹下は「人からしたらたかが4ヵ月かもしれないけど、僕からしたらされど4ヵ月。10年のキャリアのなかで一番頑張った月日だと言ってもいいと思います。世界一のプロレスラーになるってことを夢で10年やってきて、それがちょっと可能性あるかもなって、思ってもらえる人が増えたと思ってる。また世界一のプロレスラーを目指すために、米国に飛びたいと思います」と話した。9・10大阪でのデビュー10周年記念興行での佐々木との一騎打ちに向けては、「KO-D無差別を初めて巻いた試合、DDTの米国興行の試合、両国のタイトルマッチとか、大事なターニングポイントはいつも佐々木さんとのシングルなので。試合で学ぶという部分では、一番学んだなって思うので指名させてもらった」とコメント。

 佐々木は「竹下幸之介、米国帰りでちょっとだけ強くなったか? 俺はアイツとシングル決まってんだ。楽しみにしとけよ。俺と師匠のディック東郷、この1回で終わるわけない。俺と師匠が組んだら、もっとヤバいことが起こる。竹下、オマエはシングルで潰して、さらに俺と師匠でオマエを潰してやる」と意気込んだ。

【大会名】WRESTLE PETER PAN 2022
【日時】2022年8月20日(土)
【会場】東京・大田区総合体育館
【観衆】1250人(満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
岡田佑介&○高鹿佑也&イルシオン vs 小嶋斗偉&石田有輝●&正田壮史
9分11秒 変形ストラングルホールド

▼第二試合 3WAY6人タッグマッチ 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&○竹田“シャイニングボール”光珠 with 今成“ファンタスティック”夢人 vs 火野裕士&納谷幸男&スーパー・ササダンゴ・マシン vs 大鷲透&平田一喜●&アントーニオ本多
12分18秒 TKO勝ち
※セクシーベイブリッジ→レフェリーストップ

▼第三試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
●吉村直巳&梅田公太&奥田啓介 vs HARASHIMA○&坂口征夫&岡谷英樹
12分44秒 体固め
※蒼魔刀

▼第四試合 川松真一朗デビュー戦~東京都議会議員vs文京区議会議員 30分一本勝負
●川松真一朗&高木三四郎&高尾蒼馬 vs 西村修○&大石真翔&彰人
14分47秒 足4の字固め

▼第五試合 スペシャルミックストタッグマッチ 30分一本勝負
秋山準&○赤井沙希 vs クリス・ブルックス&朱崇花●
15分21秒 腕極め三角絞め

▼第六試合 DDT EXTREME選手権試合~スペシャルハードコアマッチ 60分一本勝負
<王者>○ジョーイ・ジャネラ vs 勝俣瞬馬●<挑戦者>
18分56秒 体固め
※デスバレードライバー・オン・ザ・有刺鉄線ボード&テーブル・フロム・ラダー。第55代王者が初防衛に成功。

▼第七試合 DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>●高梨将弘 vs 上野勇希○<挑戦者>
14分26秒 片エビ固め
※WR。高梨が2度目の防衛に失敗、上野が第8代王者となる。

▼セミファイナル DDT旗揚げ25周年記念スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○竹下幸之介&MAO&ヤス・ウラノ vs ディック東郷&佐々木大輔&KANON● with MJポー&藤田ミノル
20分41秒 片エビ固め
※ジャンピング・ニー

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 遠藤哲哉●<挑戦者>
25分24秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム。第79代王者が初防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加