【ガンプロ】9.3成増でガンバレ世界王座に挑戦するジャクソンが王者・今成と一触即発! 

 ガンバレ☆プロレスは、8月21日に東京・高島平区民館にて「サンゲリア2022」を開催。
大会前に9月3日に行われる成増アクトホールでの、スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権試合の公開調印式がおこなわれた。

 通常、挑戦者→王者の順で調印書へのサインが行われるが、ハートリー・ジャクソンは「俺は一切遠慮する気はないので、やりたいのなら、その覚悟を示すために、まずはイマナリからサインを入れろ」と要求。今成がこれに応じたため王者→挑戦者の順に調印書にサインを入れ、その後は丁々発止のやりとりが続く。

 ジャクソンが日本ブランドのビールが好きだということをリサーチ済みの今成が「その日、ビールを用意しておく。でもその勝利の美酒を飲むのは俺だ」と豪語すると、ジャクソンも「そのビールとベルトを持って帰れると思うなよ」と挑発。さらにジャクソンは今大会でシングルマッチが組まれた冨永真一郎にも「リングに入ったら寝転がって3カウントを取らせたほうが彼のためだ」と警告。「冨永はベスト・フレンドだ。そうはいかないぜ」と言う今成にジャクソンは「映画と一緒で一番仲のいい友達が最初に死ぬんだよ」とけん制。今成も「ジャクソン、ナンバー・ツー! イマナリ、ナンバー・ワン!」と叫ぶなど最後は一触即発の状態となって記念撮影もおこなえないまま、調印式は終了した。

 その後、冨永と対戦したジャクソン。冨永のノラリクラリとした戦法にいきり立つジャクソン。
気を逸らされて低空ドロップキックからスピニング・トーホールドを狙われてもナックルパンチで阻止。コーナースプラッシュ連発からクローズライン。最後はジャンピング・パイルドライバーで勝利した。

 ジャクソンは「イマナリ、オマエの友達をぶっ潰してやったぞ! 時には悪いやつにならないと欲しいものは手に入らない。本当は俺もみんなの誇りとなる良い外国人になりたかったが、そんなの全部クソ食らえだ! オマエのビールを俺が全部飲み干してやる!」と意気揚々とコメント。

 一方、この試合を冨永のセコンドとして見守った今成は「彼の怖さは入江(茂弘)戦に向かっていくよりも、正直そこまでじゃない。彼はスタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディのような最強外国人になりきれてない弱味を感じる」と評すると「アイツに美味いビールは飲ませません」と必勝を期した。

 

 

【大会名】サンゲリア2022
【日時】2022年8月21日(日)
【会場】東京・高島平区民館
【観衆】114人

▼第一試合 ガンプロ名物スペシャルミックストタッグマッチ 30分一本勝負
怨霊&●YuuRI vs MAO&HARUKAZE○
11分27秒 片エビ固め
※炎のスピア

▼第二試合 ガンジョスペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○まなせゆうな&春日萌花 vs 角田奈穂&長谷川美子●
10分34秒
※逆片エビ固め

▼第三試合 オーストラリアvs富山全面対抗戦 30分一本勝負
○ハートリー・ジャクソン vs 冨永真一郎●
9分34秒 片エビ固め
※ジャンピング・パイルドライバー

▼セミファイナル サンゲリア2022スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○石井慧介 vs 翔太●
13分55秒 片エビ固め
※ニールキック

▼メインイベント ガンプロスペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○大家健&勝村周一朗&高尾蒼馬 vs 岩崎孝樹&渡瀬瑞基&島谷常寛●
18分55秒 片エビ固め

〈写真提供:ガンバレ☆プロレス〉
※炎のスピア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加