【大阪プロレス】8.26「Wild Husky presents津市を元気に!大阪プロレス夏祭り」試合結果

大阪プロレスは8月26日(金)、三重・津市久居アルスプラザときのかぜホールにて「Wild Husky presents津市を元気に!大阪プロレス夏祭り」を開催。

大会名【Wild Husky presents津市を元気に!大阪プロレス夏祭り】
日時【2022.8.26.(金)】
会場【三重・津市久居アルスプラザときのかぜホール】
観衆【261名】

①6人タッグマッチ1/30
○ツバサ&TORU&菊池悠斗
vs
タコヤキーダー●&アルティメット・スパイダーJr.&松房龍哉
[10’38″ファルコンアロー→エビ固め] 〈寸評〉
本会場プロレスこけら落としに相応しいカラフルな試合から初の津大会が開幕。

天王山1回戦でぶつかるツバサとスパイダーがここでも激しい火花を散らす。

タコスパ連携を駆使して攻めるがツバサ組が勝機を逃さず波状攻撃で勝利を納めた

②タッグマッチ1/30
●ブラックバファロー&クワイエット・ストーム
vs
三原一晃○&影山道雄
[7’37″キン肉バスター→片エビ固め] 〈寸評〉
荒々しい場外乱闘でペースを握ったバファローと最近充実のストームが終始ペースを握るが三原も負けじと大暴れし最後は豪快にバファローをマットに叩きつけ逆転勝利

③6人タッグマッチ1/30
ビリーケン・キッド&えべっさん&●大坂丈一郎
vs
ペロ○&柴山貴哉&ジ・インテリジェンス・センセーショナル・グランド・パッションマスク4号
[8’13″ビタワンバスター→エビ固め] 〈寸評〉
丈一郎と4号が不毛な争いを繰り広げ殺伐とした雰囲気にならず大阪プロレスらしい和やかな雰囲気の中行われた大阪と名古屋の対抗戦は元気一杯のペロが得意技で丈一郎を燃え尽きさせた

④大阪ライトヘビー級選手権試合1/無制限
《王者》○タイガースマスク
vs
《挑戦者》アレス●
[24’16″デルフィンスペシャル3号] ※初代王者が初防衛に成功
〈寸評〉
前戦でのアピールが実り実現したタイトル戦。アレスが挑戦者らしく積極的に攻めるがタイガースは焦らし戦法で気勢を削ぐ。

次々と技を繰り出す挑戦者と要所要所でエグい蹴りで対抗する王者の闘いは次第にヒートアップし総力戦に。

最後は王者タイガースが伝家の宝刀で挑戦者を退けた

⑤6人タッグマッチ1/30
○ゼウス&ザ・ボディガー&関本大介
vs
ドン・フジイ●&マグニチュード岸和田&Ben-K
[16’21″ジャックハマー→片エビ固め] 〈寸評〉
ドラゴンゲート、大日本、大阪のスターが集結した肉厚で漢くさい面子による豪華対決。

ゴツゴツとした闘いに館内大興奮。

互いに意地と意地を剥き出しにした血湧き肉踊る肉弾戦はリングを大きく揺らすド迫力ファイトに。

同士討ちを誘い勝機と見たゼウスが必殺フルコースで大団円。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加