【東京女子】東洋大出身の“東洋盟友”が新合体技「エンリョウ」で勝利!9・4名古屋でのプリンセスタッグ王座奪取へ弾み!

 東京女子プロレスが9月3日、東京・成増アクトホールで「TJPW AUTUMN TOUR ’22」を開催。4日の名古屋国際会議場イベントホールで赤井沙希&荒井優希の保持するプリンセスタッグ王座に挑戦する東洋盟友(とうようメイト)の上福ゆき&桐生真弥が中島翔子&遠藤有栖組を相手に新技を投入して快勝。タイトル奪取に弾みをつけた。

 この日、東洋盟友は遠藤を相手にタッグワークで攻め立てる。途中、桐生が中島と遠藤の連係に捕まってしまう場面もあったが、遠藤に河底撈魚(ホウテイラオユイ)を決めると上福も救出に入った中島をビッグブーツで排除。桐生が遠藤のキャメルクラッチでピンチも、これを抜け出した桐生が遠藤を抱え、すかさず上福がフェイマサーを合体式で決める「エンリョウ」で桐生を勝利へと導いた。

 技名の由来はもちろん東洋盟友の出身校「東洋大学」の創立者。日本で初めて妖怪学を研究したことでも知られており、上福は「井上円了はバケモノ学に特化した人なので、あの技でバケモノ狩りをする」とやや曲解しながらも、4日のタイトル戦への投入を予告。桐生も「それを携えて、明日もこの勢いで勝ってベルトを取ります」と誓った。

【大会名】TJPW AUTUMN TOUR ’22
【日時】2022年9月3日(土)
【会場】東京・成増アクトホール
【観衆】165人

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○愛野ユキ vs 宮本もか●
9分27秒 片エビ固め
※ヴィーナスDDT

▼第二試合 20分一本勝負
○辰巳リカ&渡辺未詩 vs 鈴芽&猫はるな●
15分10秒 体固め
※ツイスト・オブ・フェイト

▼第三試合 20分一本勝負
中島翔子&●遠藤有栖 vs 上福ゆき&桐生真弥○
13分34秒 体固め
※エンリョウ

▼セミファイナル 「酸いも甘いもクエン酸」2カウントフォールマッチ 15分一本勝負
●ハイパーミサヲ vs 角田奈穂○
10分3秒 片エビ固め 
※紫電改。フォールを1カウントで返す、またはロープエスケープした場合はポッカレモン原液をコップ1杯飲み切らなければならない特別ルール。

▼メインイベント 20分一本勝負
坂崎ユカ&瑞希&●原宿ぽむ 山下実優&伊藤麻希&らく○
16分27秒 片エビ固め
※ドクターイエロー

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加