【ドラディション】藤波辰爾との20年ぶりのシングルマッチが決定した棚橋弘至「60分フルタイムドローの気持ちで」

ドラディションは8日、都内にて記者会見を行い、藤波辰爾デビュー50周年記念ツアー最終戦となる12月1日(木)代々木大会のメインイベントにて藤波辰爾vs棚橋弘至が決定したことを発表した。

藤波は1971年に日本プロレスでデビューし、1972年に新日本プロレス旗揚げに参加して以降、日本プロレス界を牽引し2021年にデビュー50周年を迎えた。 2011年10月からスタートした藤波辰爾のデビュー50周年記念ツアーは5月12日(木)に東京・後楽園ホールで開催、 10月22日(土)福岡・アクロス福岡、 10月30日(日)大阪・ATCホール、ファイナルが2022年12月1日(木)国立代々木競技場・第二体育館が決定している。

5月の後楽園ホール大会ではメインに出場予定であった藤波が新型コロナウィルス陽性判定となり欠場となってしまったが、このピンチに棚橋弘至が出場して大いに盛り上げた。

すると試合後に藤波がマイクを握ると「久々にシングルがやりたくなった。12月1日の代々木ではシングルをやろうかな」と発言。会場のファンの後押しもあり、棚橋も「過去最高の藤波さんのジュニア時代を超えるようなバキバキの身体で帰ってきます」と発言していた。

会見に藤波と棚橋が出席してシングル決定について語った。

藤波は「自分が50周年ということで、まず5月の大会の時に自分が欠場というなかで、棚橋くんがかわりにリングに上がってもらって。そのなかで最後の場面で自分がリングに上がるきっかけができたなかで…どうしても、ああやってリングに上がってしまうと、長い経験のなかでつい。どこか本音として自分の中にあったんでしょうね」とシングルマッチがしたいとの発言を振り返った。

そして「新日本プロレスの入門当時からずっとボクが見てきた棚橋くん。とにかく自分が離れてから目まぐるしい成長を遂げて、新日本のトップをいま走ってるわけで。自分がいまその状況を迎えた中で、いまの新日のトップの選手と当たったらどうなるのかって。もう1回、ちょっと自分の試しっていうそういう気持ちから、ああいうリップサービスではないんだけど、心にあったんでしょうね。それが今回こういう形で棚橋くんがこの場に座ってくれたことに感謝をしたいんですけど。とにかく自分が言ったからには、ただ単に記念大会にするんじゃなく、そこに何かを残さなければいけないと。自分の中で勝負に出ていこうって。現役を続行する意味ではいい機会ができたのかなと思います」とシングル決定の心境を述べた。

一方の棚橋は「今日は会見に呼んでいただきまして、ありがとうございます。心の底から光栄に思います。僕が新日本プロレスを目指す理由、プロレスラーになる理由、藤波さん、武藤さん。新日本プロレスで正統派と言われるプロレスラーに憧れて、藤波さんの肉体美に憧れて、一生懸命トレーニングして入門して2人の背中を追いかけてきましたけども。こうして、藤波さんとシングルができるっていうのは、本当に貴重で、僕の人生の財産になるんじゃないか、宝になるんじゃないかとそういう気持ちでいますけども。藤波さんはしっかりこういう大会でもコンディションを合わせて、練習、鍛練をされてくる方なので、僕もできるかぎりしっかりコンディションを上げてきて、願望ですけども腹筋バキバキにして、藤波さんが棚橋の体にジェラシーを抱くような。いま新日本プロレスもどんどん若い選手が出てきて、世代闘争、軍団抗争いろいろあるんですけど。藤波さんと棚橋という、いまの現役選手、若い選手からしたらなんだろう、異次元の世界観を出せるような気がするので。ホントに60分フルタイムドローの気持ちで全力で闘います」と語る。

そして質疑応答となり、棚橋は藤波はどういう存在かと聞かれると「まず最初にある気持ちは尊敬ですね。あとは僕をはじめ、プロレスラーを目指すきっかけで、プロレスラーになった後も大型の外国人選手、身体能力の高い選手がいっぱいいるなかでどう闘っていくかっていう、あきらめずに立ち上がっていく、ネバーギブアップっていう、そういう部分をぼくは藤波さんの背中で見させてもらって。ちょっとね、藤波さんよりはチャラくなってしまったんですけど、いまでも憧れであり、尊敬の対象であるんですけども、僕もプロレスラーになった。なので、そこはしっかりシングルマッチ気持ちを切り替えていきたいと思います」と気持ちを明かした。

また、棚橋をどう評価しているかとの問に藤波は「プロレスラーを目指した時と入門した時、僕は昭和45年アントニオ猪木さんに憧れてやってきましたけど。とにかくひとりの選手に憧れた時の気持ちは一緒なのかなと。そういう中でこういう形で今回対戦が決まったなかで、僕は1988年(8月8日)の横浜(横浜文化体育館)で猪木さんと戦った時、あの時は状況が逆だったんですけども、今回は逆で僕が棚橋くんをオファーした方ですから。そういう中で、今回は猪木さんと横浜で闘ったあの心境、8・8の気持ちでまたリングに立ちたいと思います」と力を込めた。

藤波は60分フルタイムドローの発言について「あの時はボクが34歳で、猪木さんとちょうど10歳違うのでね。その年ははるかに超えてますけど、棚橋が60分って言った時に『おーっと』って思ったんですけど、選手がリングに上がるときはそれくらいの覚悟だけはしておきたいと思います」と気合を入れ、60分フルタイムで藤波をたくさん堪能したいからか?と聞かれた棚橋は「まさにその通りで。藤波さんの立ち姿、ロックアップ、ヘッドロック、基本的な技もすべてひとつひとつがとても美しくて。ホントに全プロレスラーの手本と言うか、所作を間近で見られるわけだし。勝負論ももちろんそうなんですけど、それ以外の部分でね、僕にしか味わえない特権という意味での60分、無制限でもいいですけどね。藤波さんと猪木さんの横浜の60分っていうのは、ホントに体力面でも技術面でも歴史に残る60分というか。なのでイメージしやすいかなと思って、言わせていただきました」

さらにドラゴン殺法のこだわりについて棚橋は「ドラゴン殺法、ドラゴンスクリューとか武藤さんも使われてイメージはあるんですけど。直接教えてもらったのは僕だけだと思ってるので。一子相伝というか」と考えを述べた。

そして藤波とのシングルが20年ぶりとなるがそれについて棚橋は「20年前は赤タイツで、いまよりもきっと体力もパワーもあったとは思うんですけど、まったく敵う気がしなくて。でも20年闘ってきて、藤波さんのキャリアにはまだ半分も及ばないですけども、キャリアを通して身につけてきたものを藤波さんにぶつけたいなと思います。そして先ほども言いましたけど、僕らの世代といま下の世代、若い世代で世代闘争とかあるんですけど。藤波さんと僕の間の世代の闘いっていうのが熱を生めたらホントに幅広い視点でプロレスを楽しめるんじゃないかなと思うので。そういった部分も大いに期待して頑張りたいと思います」と試合に向けて語った。

TATSUMI FUJINAMI 50t ANNIVERSARY THE NEVER GIVE UP TOUR FINAL
レック株式会社PresentsDRAGON EXPO1971
日時:2022年12月1日(木)開場 17:00開始18:30
会場:国立代々木競技場 第二体育館

【決定対戦カード】
メインイベント
藤波辰爾デビュー50周年記念試合FINAL 60分1本勝負
藤波辰爾(ドラディション)VS 棚橋弘至(新日本プロレス) 

会見では、9月8日より藤波辰爾公式LINEアカウントと公式You Tubeチャンネル『ドラゴンちゃんねる』がスタート、そして公式ファンクラブが10月からスタートすることも合わせて発表された。

▼各種詳細は公式サイトにて
https://www.dradition.jp/index.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加