【DDT】青木真也と鈴木みのるの禁断の初対決は鈴木組が勝利も、青木は再戦に意欲!「目指している先にあるようなものをもうちょっと追いかけ続けたい」

 DDTプロレスが9月10日、大阪・西成区民センターで「ジャパンベーカリーマーケティング株式会社 presents 竹下幸之介デビュー10周年記念興行~西成ベイブルース~」を開催。セミファイナルでは、総合格闘技で世界を制した青木真也が“プロレス王”鈴木みのるとタッグマッチで禁断の初対決に臨み、鈴木組が勝利した。

 珍しく黒のショートタイツで登場した青木はHARASHIMAと組み、鈴木は坂口征夫との異色タッグで出陣。先発は青木と鈴木で、ピリピリするようなレスリングの攻防を展開。2度目の対決では、青木が裏アキレス腱固めに捕獲すると、エスケープした鈴木は場外戦に持ち込んでイス攻撃。

 リングに戻るとスリーパーで絞め上げた。鈴木がゴッチ式パイルドライバーを狙うと、回避した青木はワキ固めに移行。青木はミドルキック連打から、飛びつき逆十字。鈴木がロープに逃れると、エルボーの打ち合いに発展し互角の勝負。

 その後、HARASHIMAと坂口に替わると、HARASHIMAがハイキック、リバースのフランケンシュタイナー、串刺し蒼魔刀とたたみかえるも、坂口が飛びつき三角絞めで逆襲。ハイキックの相打ちから、坂口が神の右ヒザを叩き込んで3カウントを奪取した。決着がついた後、青木と鈴木は場外で首をつかみ合った。

 これまで鈴木を標的にしてきた坂口は「追いかける立場として、追いかけてる人間が隣にいると、こういうもんなんだと実感した。勝ったけど悔しいね。もっと鈴木みのるを食ってやりたかった。竹下の10周年で今日だけは目をつぶろうかと。この先、10月1日に、DDTじゃないけど、(WILD ONEで)やり合う試合もある。組んでても、やり合っても鈴木みのるを食ってやりたい。ますますその気持ちが強くなった。食っていかないと生き残っていけない」と改めて鈴木狩りをに口にした。

 一方、青木は「鈴木みのるを触ってみて、なんか強さの向こう側とか、目指しているものの先にあるようなものがちょっとつかめたような気がする。それをもうちょっと追いかけ続けたい」と今後の対戦にも興味を示した。

【大会名】ジャパンベーカリーマーケティング株式会社 presents 竹下幸之介デビュー10周年記念興行~西成ベイブルース~
【日時】2022年9月10日(土)
【会場】大阪・西成区民センター
【観衆】487人(超満員)

▼第一ダークマッチ 10分一本勝負
MJポー&○KANON vs 岡谷英樹&正田壮史●
6分52秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第二ダークマッチ 第1551代アイアンマンヘビーメタル級王座決定時間差入場変則バトルロイヤル 時間無制限勝負
<8>○大鷲透 vs 平田一喜●<8>
13分55秒 体固め
※ボディスラムを潰して
大鷲透が第1551代アイアンマンヘビーメタル級王者となる。< >内は入場順。
【退場順】
①<9>○今成”ファンタスティック”夢人 vs 大石真翔●<1>
9分35秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○今成”ファンタスティック”夢人 vs 高鹿佑也●<5>
9分42秒 オーバー・ザ・トップロープ
③○今成”ファンタスティック”夢人 vs 石田有輝●<2>
9分46秒 オーバー・ザ・トップロープ
④○今成”ファンタスティック”夢人 vs 赤井沙希●<6>
10分1秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑤○今成”ファンタスティック”夢人 vs 高尾蒼馬●<7>
10分20秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑥<9>○飯野“セクシー”雄貴 vs イルシオン●<3>
10分39秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑦○今成”ファンタスティック”夢人 vs 彰人●<4>
11分16秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑧○今成”ファンタスティック”夢人 vs 岡田佑介●<5>
11分16秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑨○平田一喜 vs 今成”ファンタスティック”夢人●
11分42秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑩<3>○エル・ユニコーン vs 飯野“セクシー”雄貴●
12分15秒 反則勝ち
※マスク剥ぎ
⑪●エル・ユニコーン
12分54秒 リングアウト
※マスクを剥がされリング外へ逃亡
⑫○平田一喜 vs 男色“ダンディ”ディーノ●<9>
12分54秒 オーバー・ザ・トップロープ 

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<第1551代アイアンマンヘビーメタル級王者>●大鷲透 vs <挑戦者>平田一喜 ○
16時58分 横入り式エビ固め
※大鷲が防衛に失敗。平田が第1552代王者となる。

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<第1552代アイアンマンヘビーメタル級王者>●平田一喜 vs <挑戦者>竹下恵子 ○
16時59分 体固め
※レインメーカー
※平田が防衛に失敗。竹下恵子が第1553代王者となる。

▼オープニングマッチ 青木ファミリー presents スペシャルタッグマッチ~咲くやこの花タッグvsCCK! 30分一本勝負
竹下幸之介&○上野勇希 vs クリス・ブルックス&キッド・ライコス●
16分55秒 片エビ固め
※BME

▼第二試合 The37KAMIINAvsバラモン三兄弟! 30分一本勝負
MAO&勝俣瞬馬&○小嶋斗偉 vs バラモンシュウ&バラモンケイ&バラモン三四郎●
11分10秒 変形回転エビ固め
※謎の粉の誤爆

▼第三試合 東京女子プロレス提供3WAYタッグマッチ 30分一本勝負
中島翔子&ハイパーミサヲ vs 坂崎ユカ&瑞希 vs 渡辺未詩&遠藤有栖
9分17秒 片エビ固め
※マジカルメリーゴーランド

▼第四試合 30分一本勝負
ヤス・ウラノ&アントーニオ本多&○トランザム☆ヒロシ vs 高梨将弘&スーパー・ササダンゴ・マシン●&DJニラ
11分59秒 片エビ固め
※正拳突き

▼第五試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&吉村直巳&納谷幸男 vs 遠藤哲哉&秋山準&火野裕士
13分26秒 体固め
※Fuckin’BOMB

▼セミファイナル 鬼澤信之のお茶カンラジオ presents スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
鈴木みのる&坂口征夫 vs HARASHIMA&青木真也
15分57秒 片エビ固め
※神の右膝

▼メインイベント ジャパンベーカリーマーケティング株式会社 presents スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○竹下幸之介 vs 佐々木大輔●
22分19秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加