【FBW】9・24で“大阪史上最大の電流爆破&ファイヤーデスマッチ”を敢行!大仁田陣営「ポーゴを終わらせる!」

“世界一過激なプロレス団体”を標榜する新団体FBW(ファイヤー・ブラスト・レスリング)ファイヤープロレスが9月14日、東京・巣鴨のプロレスショップ闘道館で記者会見を開き、旗揚げ2DAYS(9月23日&24日、大阪・花博記念公園鶴見緑地ハナミズキ付属展示場)の2日目(24日)のメインで大阪では“史上最大の電流爆破&ファイヤーデスマッチ”を行うことを発表した。

会見には、大仁田厚と両大会のメインの冠スポンサーとなる大仁田出演の劇場映画「BUGSⅡ」(10月2日、東京・渋谷ユーロライブで封切り)の脚本・監督を務めるBILLY(ロックバンドmil9)が出席。

当初、9・23ではダブルメインとして大仁田が出場する電流爆破タッグマッチと棺桶爆破デスマッチ、9・24では大仁田組VSミスター・ポーゴ組の電流爆破タッグマッチが予定されていたが、BILLYの「大阪の2日間でポーゴを終わらせたい」との要望により、両大会とも8人タッグマッチに変更された。

初日(23日)のメインは、大仁田、船木誠勝、ドリュー・パーカー、仲川翔大組with BILLY VSポーゴ、西村修、マスクド・ファイヤー、ライジングKID 組withデビルマジシャンによる「過去最大本数・電流爆破バット10本&ダブルミサイル・クラスター電流爆破デスマッチ」。

2日目のメインは大阪はおろか国内でも最大規模とも言っていい、“史上最大の電流爆破&ファイヤーデスマッチ”と謳われた「時間差入場式・電流爆破バット+有刺鉄線地雷ボード+有刺鉄線スパイダーネット電流爆破+ファイヤーボード2面+棺桶爆破デスマッチ」で、対戦カードは大仁田、船木、バラモンシュウ、バラモンケイ組with BILLY VSポーゴ、西村、ファイヤー、ダイナ御堂組withデビルマジシャン。

この試合形式は、事前に決められた両軍の代表1選手ずつが最初の5分間をリングで戦う。その5分間は両者の希望により、船木と西村が対戦する。残りの選手は入場口で待機し、5分経過後に全選手が入場。その1分後にすべての電流爆破&地雷ボードの電源がオンになり、ファイヤーボード(2面)に点火される。

新爆破アイテムの「有刺鉄線スパイダーネット電流爆破」は、立体構造の枠組みにクモの巣状に有刺鉄線が張られた状態で場外に設置。落ちるとクモの巣状の有刺鉄線が絡みついた状態で爆破される。一度落ちたら逃げることができない究極の電流爆破アイテムとなる。

また、会見にはどこで情報を聞きつけたのか、またまたポーゴが乱入。「闘道館で週4日バイトしてるから知ってるんだよ」とウソぶいたポーゴはBILLYの胸ぐらをつかんで小競り合いとなり、「大阪の2日間で標的は大仁田ただ一人。2日目はファイヤーも入ってるから燃やしてやる!」とすごんで去っていった。

初日も過去に例を見ない10本の電流爆破バット(過去最高は5本)が投入されるとあって過激だが、2日目はさらに危険な爆破アイテムが続々と使用されるだけに、まさしく究極の電流爆破&ファイヤーデスマッチとなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加