【KAIENTAI DOJO】<TAKAみちのく旗揚げ15周年記念大会特別インタビュー!>飯伏幸太は予測不可能・制御不能な宇宙人《4/23(日)後楽園ホール》

<史上最短での吉田時代が来るのか>

 

 

――そして今回メインで王座戦に挑む吉田選手の勢いがスゴイですね!

 

TAKA:イチオシですね。彼が自分で言ってるんですけど、「KAIENTAI DOJO最速でトップに立つ」って宣言して、自力で上がって自力で実現したメインイベント。デビューしてから2年ですからね。タンク永井が3年でチャンピオンになったけど、それよりも早い。

 

 

――吉田選手はTAKAさんから見て何がよかったと思いますか?

 

TAKA:こいつは背もあって、若くてかっこよくて、行こうと思えばどこの団体へでも行けるけど、KAIENTAI DOJOの試合を見て、TAKAと真霜拳號の地味な試合を見て、これだと思ったらしいですよ。このスタイルに惚れて入った男。分かってやっているから、最初からスタイルが定まっている。これを極めるという思いでやってきているから、根にあるものが、2年目にしてはしっかりしている。若いのに。早々と全日本プロレスや、新日本プロレスのライオンズゲートにも出して経験を積ませようと思って、それがいい感じで伸びている。下地がキックと総合なので、強いですよね。

 

――超スピード出世ですね。KAIENTAI DOJOとしてはうまく育てて、本当のスター、メインイベンターにしたいですね。

 

TAKA:初の後楽園ホール・シングルメインなので、彼がどれだけのプレッシャーと緊張を持っているかで変わります。

 

――後楽園ホールのメインだとプレッシャーは違いますか?

 

TAKA:自分は緊張しないタイプだけど、チャンピオンでメインをやっているときは、緊張はしないけどプレッシャーがありました。この大会一番の試合を見せて、お客さんに満足して帰ってもらわないといけない。自分は勝ち負けよりも内容のことを考えちゃって、勝つのは大前提だけど、お客さんの満足度を一番に考えていた。とにかくお客さんが盛り上がるまでは試合を終わらせないつもりで戦って、負けたりもした。そういう意味で後楽園のメイン、タイトルマッチの意味は大きい。その点、真霜は何度も経験しているので、KAIENTAI DOJOどころか全日本でも三冠挑戦してますから。こいつはプレッシャーも緊張もない男なんだろうと思います。いつも平常心な男。上に立つ奴はこういうタイプですね。オカダ・カズチカもそういうタイプで、いつも全く平常心、緊張もプレッシャーも感じないタイプ。吉田はそこには達していないだろう。

 

 

――吉田選手は試合内容、結果、そしてメインのプレッシャーと戦う訳ですね。

 

TAKA:それのすべてに打ち勝たないと、真霜にはかなわないと思うけど、若さと勢いがあるから。それに両方とも蹴りがあるから、一発いいのが決まればそこで決まる。吉田に関しては、どんな勝ち方でもいいので、とにかく結果を残してほしい。

 

――TAKAさんの時代があって、真霜さんの時代が来て、さらに吉田時代がやってくるかもしれない。世代交代というか、新たな世代の戦いが起こってきた。

 

 

TAKA:真霜が結構前に「いつまでもTAKAがメインじゃダメなんだよ」と言っていた。だけど今は、「いつまでも真霜がメインじゃダメなんだよ」ということ。

 

――選手層の幅も広がりましたね。

 

TAKA:毎年入門者がいて、毎年一人はデビューできるようになりました。ERINAも入って、バンビ一人時代も卒業です。レギュラーが20人、層が厚くなった上に、飯伏効果でお客さんが1000人以上いる中で、試合ができるのは大きいと思いますよ。

 

※15周年について振返りは後日公開

(撮影:二瓶隆弘)

 

※4.23後楽園大会チケット購入はこちら⇒https://k-dojo-cojp.ssl-xserver.jp/ticket/20170423ticket/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3