【リアルジャパンプロレス】スーパー・タイガーが“殺人キック”で王座奪取か?4・27大谷晋二郎vs.スーパー・タイガー王座戦に初代タイガーマスクが「見逃したら損する闘い!片時も目をそらせない緊張感ある戦いになる」

スーパー・タイガーが“殺人キック”で王座奪取か?4・27リアルジャパン大谷晋二郎vs.スーパー・タイガー王座戦に初代タイガーマスクが「見逃したら損する闘い!片時も目をそらせない緊張感ある戦いになる」

 

【4月18日(火)記者会見@興義館】 

 

リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説 2017『LEGEND OF THE GOLD Ⅵ』」(4月27日、東京・後楽園ホール)の記者会見が18日、都内・リアルジャパン本部で行われた。

 

 

第11代レジェンド王者・大谷晋二郎にスーパー・タイガーが挑むレジェンド王座戦がメインとなる今大会だが、会見には両選手が出席。9日後に迫った決戦へ向け、前哨戦とばかりに火花を散らした。

 

昨年9月に王座を奪取し、すでに2度の防衛を成し遂げている大谷を初代タイガーは「いま日本で一番いい試合をする、一番強い選手でストロングスタイルのかなめになる選手」と高評価。挑む立場の愛弟子スーパー・タイガーには「どこまでやれるか、プロレスラーとしてしっかり一流どころに入っていけるのかどうか。勝つことができればかなりの実績になる」と期待を掛けた。

 

すでに同王座を2度防衛している大谷は「メチャクチャしっくりきている」というベルトを肩に堂々の入場。

 

「スーパー・タイガー選手は佐山先生の一番弟子と聞いています。やっと佐山先生の弟子を送り込んできたなと。もしかしたら僕がベルトを獲った時、佐山先生はすぐ誰かが獲り返すだろうって思ったのかもしれません。でも、ここに来てヤバいぞと。このままじゃベルトを獲り返せない、それで満を持してスーパータイガー選手を指名してきたのではないかと僕の中では勝手に思っています」

 

そう話す大谷だがベルトと自分は「相思相愛」の関係であるといい、「佐山先生のどんな要望があろうと、このベルトは僕の下から離れない。自信を持って今回のタイトルマッチに挑みたいと思います」と片時もベルトから手を放すことなく意気込みを語った。

 

 

この試合を見届ける初代タイガーは「必ずリアルジャパンが打ち出した方針に則った、すごくいい試合になると思います」と2人に大きな信頼を寄せるが、大谷はこれに「噛み合う試合・いい試合をやる気は全くないです」と持論を展開。「噛み合って『いい試合だった』で終わるような試合はこのリングで絶対やっちゃいけないと僕は思っています。“噛み合う試合”ではなく、緊張感が溢れて片時も目をそらすことができない雰囲気が漂う試合、ヘタをしたら1分で終わってしまうんじゃないかという緊張感ある試合をスーパー・タイガー選手とならできるんじゃないかという気がします」と、自身のストロングスタイル観にも繋がるコメントを続けた。

 

 

⇒次ページに続く(スーパー・タイガーがコメント)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2