【プロレスリング・ノア】背面砕者達ここにありっていうものを見せつける(熊野)まもなく開幕! 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦!【初出場】背面砕者達、大原はじめ&熊野準インタビュー

背面砕者達ここにありっていうものを見せつける(熊野)まもなく開幕! 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦!【初出場】背面砕者達、大原はじめ&熊野準インタビュー

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦各大会チケット好評発売中です!

背面砕者達ここにありっていうものを見せつける(熊野)まもなく開幕! 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦!【初出場】背面砕者達、大原はじめ&熊野準インタビュー
完成された背面砕者達の確立が急務(大原)

グローバル・ジュニア・タッグリーグ参加チーム唯一の純血ノアチーム 背面砕者達インタビュー(取材日6/22)

―― 背面砕者達として組み始めて約3ヶ月が経ちましたが、改めましてタッグチームとしての手応えはいかがでしょうか?

大原 組み始めて3ヶ月経ってるのがまず意外かなって。ていうのも3ヶ月経ってる割に、まだそこまでカード的な問題で背面砕者達として組んでないですよね。だからまだまだやっぱり未完成な部分が否めないんですけど、組む度に経験値っていうものは上がって来ていて、タッグチームとして徐々に完成して行くその過程を、お客さんたちに見て楽しんでもらえたらいいなって思ってます。

―― 熊野選手はいかがですか?

熊野 そうですね。そんなガッチリ組んで試合してるわけでもないですし。でも組まないにしてもお互い何かを成長させて行きながら、いざ組んだ時にお互いの良さを融合していければいいなと思って、毎回試合に臨んでいます。

―― 今回のタッグリーグをジュニア戦線への再浮上のきっかけにしたいという思いも強いのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

大原 そうですね。僕はシングルのベルトを落としてしまっているので。それに関しては熊野にも申し訳ないと思っていて、自分が持っているからこそ横で熊野が取ってやるんだっていう思いで向上心が出てくると思っていたし、このタッグチームにはその熊野の向上心が活きてくると思っていたから、そういう面でも俺が取られてしまったのが非常に痛かったと思うし、申し訳なかったなと思ってます。なので次は2人でここから這い上がるにはどうすればいいかっていうのを考えて行くのも1つ大切かなって思っています。

―― 大原選手は過去に拳王選手とのタッグで優勝経験がありますが、熊野選手とのタッグでも優勝出来る自信はありますでしょうか?

大原 うん。2人でシングルのタイトルマッチをやったことでお互いのいい部分を知って、熊野のジュニア離れしたパワーってのは俺にはないもので、逆に俺の経験や技術ってのは熊野には無い物だと思うし、そういう技と力を上手く形にしたら、結果の残せるタッグチームになるなと思って組み始めたわけなので。まだ今は未完であれど必ず近い将来良い結果を出せると思っています。

背面砕者達ここにありっていうものを見せつける(熊野)

―― 今回のリーグ戦で絶対に負けたくないチームであったり、対戦の楽しみなチーム、決勝で当たりたいチームはありますでしょうか?

大原 負けたくないってのはもう全チームに言えることだと思ってます。あとは個人的に1番気になっているのがマテオはまだ聖書持ってんのかってことですね。マテオが聖書持ってくるなら俺も考えて何か持って行こうかなって思ってます。あとカイザーもサーモン持ってくるのかどうなのか、楽しみですね。

―― 熊野選手は?

熊野 僕も全チームに負けたくないですね。ただ、XX(ダブルエキス)にはタイトルマッチで1度負けているので、リベンジという意味も込めて決勝でやりたいなと思います。

―― 最後に意気込みをお願い致します

大原 優勝するっていうのは1番の目標ではあるけど、それだけではなくて完成された背面砕者達っていうのを確立して、お客さんに認知してもらうことが俺たちの急務だと思っているし、他団体にも徹底した腰責めをするチームってのはあまりいないと思うので、その怖さを見せつけたいと思います。

熊野 今回のジュニアタッグリーグ戦は「背面砕者達ここにあり」っていうのをお客さんや選手に見せつけていきたいですし、今(取材日6/22)ラーテルズ、XXがジュニアのベルトを持ってますけど、そういうのも含め全てかっさらって優勝するのは僕たち背面砕者達です。

【終】

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦概要
■1ブロック8チームにてGHC選手権ルールに基づき、30分1本勝負で総当たりリーグ戦の公式戦を行います。
・勝ち(〇)…2点、不戦勝(□)…2点、負け(●)…0点、不戦敗(■)…0点、時間切れ引き分け(△)…1点、その他あらゆる引き分け(▲)…0点。

■公式戦:7月13日後楽園ホール大会から7月22日KBSホール大会まで各大会にて公式戦を行います。

■優勝決定戦:7月27日後楽園ホール大会にてリーグ戦1位チームvsリーグ戦2位チームによる優勝決定戦を行います。
・最多得点チームが複数の場合は直接対決の勝敗により優勝決定戦進出チームを決定します。
・直接対決が引き分けの場合は優勝決定戦進出チーム決定戦を行います。

グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦開催日程決定!
第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦

■開催日程

Summer Navig.2017
第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦
7月13日(木)19:00 東京・後楽園ホール Lコード:34598
7月15日(土)18:00 長野・長野アークスセンター Lコード:34616
7月16日(日)17:00 富山・高岡エクール Lコード:56371
7月17日(祝・月)17:00 新潟・アオーレ長岡アリーナ Lコード:34629
7月20日(木)18:30 大阪・エディオンアリーナ大阪第2競技場 Lコード:56374
7月21日(金)19:00 香川・高松シンボルタワー展示場 Lコード:62727
7月22日(土)18:00 京都・KBSホール Lコード:56394
7月27日(木)19:00 東京・後楽園ホール Lコード:34634

昨年行われた第10回大会を制したのは石森太二&ACH組、今年の参加チームは?そして頂点に立つのは?
ご期待ください!

プレイガイド情報
ローソンチケット ローソン、ミニストップ店頭ロッピーにて購入可能(購入の際、Lコードが必要となります)
北海道0570-084-001/東北0570-084-002/関東・甲信越0570-084-003/東海0570-084-004/近畿・北陸0570-084-005/中国・四国0570-084-006/九州0570-084-008
チケットぴあ ぴあスポット、サークルK・サンクス全店、セブンイレブン全店にて販売・発券可能
0570-02-9999<Pコード=594-150>

webサイト http://pia.jp/t
e+(イープラス) パソコン&携帯にて予約→セブンイレブン全店、ファミリーマート各店頭にて購入可能
webサイト http://eplus.jp/
チケット情報その他詳細は

【大会日程】

よりご確認ください。
※プロレスリング・ノアHPより
http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=10067

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事