【編集長インタビュー】獣神サンダー・ライガー③「ファンとのトークバトルを楽しみにしています」

「第4回ストロングトークLIVE」(8月23日、Loft9渋谷)「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」に登場する獣神サンダー・ライガーを直撃。プロレス愛にあふれる言葉の一つひとつが重かった。

――「ライガ―新最終章」が進んでいます。

ライガー 「レスラーは強くなくてはいかん」「レスラーがなめられたら、お終い」と猪木さんや藤原喜明さんに教わってきた。「レスラーがお客さんを笑わすことはいいけど、笑われてはいかん」とも。自分自身が子供のころから抱いていた「レスラーとは」が守れなくなる前に引退します。「まだ、やれるじゃん」と言われながら、辞めたい。今がギリギリです。

――引退後のヴィジョンは?

ライガー 会社(新日本プロレス)と「セカンドライフ」について話し合いを始めている。プロレス界とどう関わっていくか? 色んな形があると思うけど、どうなるか、まだわかりません。今の新日本プロレスは、レスラーとスタッフの連携がきっちりととれていて、本当に素晴らしい組織になっている。レスラーは良く練習するし、スタッフはそれぞれ高い専門性を持って仕事に取り組んでいる。問題点を相談すると、即座に対応してくれる。他の団体の選手などから「新日本は大きな会社だから良いですね。ファイトマネーなど待遇も最高じゃないですか」と言われることがあるけど「維持していくのは簡単じゃないんだ」と返したい。選手もスタッフも努力し続けているから、できていること。そういうことを言う人には、逆に聞きたい。「あなたたちは努力しているんですか?」と。

――かつてライガーさんは他団体との交流戦を実現させ、業界全体を活性化させましたが

ライガー あれは僕が楽しみたかったこと。色んな選手がいますからね。会社の人たちと相談し、インディ団体に詳しかった女房からも話を聞いて何とか実現できたんです。

――現在、対抗戦への思いは?

ライガー 今は一つに集中している。IWGPジュニア王座をもう一回、とりたい。新しくなったベルトを一度も腰に巻いていないんで、何とかしたい。あれもこれもは、もう無理。IWGPジュニアのベルト一本に今は絞り込んでいる。

――現在のIWGPジュニア王者はKUSHIDA選手です

ライガー 彼はまだまだノビシロがある。自分は、体力は落ちていく。維持するのも大変。でも経験値はこれからでも積み上げることができる。正直言って「惜しいけど勝てない」のは「実力差」があるからです。ベルト一本に標準を定めて、チャンスを待てば「何とかする」ことはできると思う。プロレスを大好きだし、面白いし、楽しんでいる。この気持ちがあればね。

――タイチ選手が「このヅライガー」と挑発しています

ライガー うまいこと言うね。本当のことだもん。ないものはない。ハゲはハゲでいいじゃん。日本では「この、ハゲー!」って、罪人みたいだけど、アメリカとか海外だと、ハゲも格好いい。日本では、後ろ指さされる。そうそう、この前、都内の駅前で職質されちゃったよ。

――マスク姿ですか、素顔ですか?

ライガー 素顔の時。少し大きめのバッグを持っていたせいかな、パトカーが寄ってきて前後左右、警察官5人に囲まれた。夕方だけど、まだ明るかったのにね。すぐに終わったけど、人生初の職質だったよ。

――ヘアスタイルもよくなかったのでしょうか。剃り上げるのはいかがですか?

ライガー 剃っちゃうと、チクチクしてマスクがひっかかってしまうんだよね(苦笑い)。

――トークLIVEでは、そういう愉快な話とともに「G1」の話など、よろしくお願いします。今年のG1は内藤哲也選手が優勝しました

ライガー 内藤選手、素晴らしかったよね。ファンの人たちの支持も厚い。でもチャンピオンの時にベルトを放り投げたのはいかがなものかな。他のスポーツ、例えばボクシングの王者がベルトを粗末に扱ったら、すぐに王座はく奪じゃないの。IWGP実行委員会が何も注意もしなかったのもおかしいよ。内藤選手のファイトは認めるけど、その言動に時々、問題ありだよね。でも、盛り上がった。

――観客動員も凄かったです

ライガー 新日本プロレスは興行会社。お客さんに見てもらってナンボの世界。OBの方々の中に、現在のプロレスを否定的にとらえている方がいらっしゃるけど、今の「お客さんでいっぱいの会場を見てください」って言いたい。レスラーはリングにすべてを背負って上がっている。危険な技だからケガをするわけじゃない。ささいなことでも骨折することもある。見た目がスゴイから危険な技でもないんだ。

――ファンの人たちもライガーさんから直接、聞いてみたいことがあるようです

ライガー いいですね。僕は逃げも隠れもしません。僕も皆さんのご意見を直に聞いてみたい。やりましょう。

「ライガーさんに聞いてみよう!」トークLIVEを誰よりも楽しみにしているのが当のライガーかもしれない。「8・23渋谷決戦」にさあ集結!
(この項終わり)

 

「ストロングトークLIVE 俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」

◆ゲ ス ト:獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)
◆出 演  :柴田惣一(プロレスTODAY編集長)
◆司 会  :青木泰寛(セイシュンダーツ)
◆アシスタント:白川未奈(グラビアタレント)
◆日 程  :8月23日(水) 開場18:00 開演19:00
◆会 場  :Loft9 Shibuya
◆チケット:¥5,000(ライガー選手よりサイン手渡し特典付き)※要1オーダー500円以上

購入はこちら⇒https://ticketpay.jp/booking/?event_id=9649

日本全国闘いサマー終了の10日後、選手・ファン共に熱く生き抜いた激闘を、リビングレジェンドと同じ空間で2017年G1クライマックスを振り返るプレミアムトークライブですので皆さまのご来場をお待ちしております!

 

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事