【ファイプロ座談会】燃えろファイプロ・バーニングハンマー!潮﨑豪・鈴木鼓太郎・A小林・志田光が世代を超えてレジェンド小橋建太に挑戦!!

<究極のバーニングハンマー>

――リクエストはたくさんありますが、まだ完成版じゃないんです。実はこのインタビュー当日も、新技が四つ増えました。G1で初披露された飯伏選手の「カミゴェ」も、今日追加されました。
志田:早い!

――レスラーの皆さんがインパクトあるスーパーフィニッシュを編み出していただければ、ファイプロさんが形にしてくれるのではと思います。
小橋:僕の「バーニングハンマー」も、出した時は名前がなかったんです。その後に、ゲーム会社の人が作ってくれた名前なんですよ。どこのゲーム会社かわからなくて(笑) 3つくらい候補が上がってきて、そこから僕がバーニングハンマーがいいんじゃないかと決めました。どこなんだろう? 昔の人間に聞いてもわからないんですよ。

――バーニングハンマーは、ここぞという時にしか出さない究極の必殺技です。今ではマイケル・エルガン選手や関本大介選手も使っています。技が引き継がれている思いはどうですか?
小橋:あの技は、使う方も気持ちをしっかり持ってかけないといけない、非常に危ない技。その思いを持って使ってくれれば。

――関本選手が使ってくれるのはOK?
小橋:その代わり覚悟して使え、と。自分の技としてしっかり思いを込めて使い、ファンのみんなが認めてくれれば、その人の技になっていく。引き継がれていくのは大事なことだし、覚悟を持ってやってくれればいい。この技は僕で終わるのではなく、残っていってほしいと思います。

――今の言葉を聞くと、ファイプロの中でも、バーニングハンマーを使う時は、リングの中央で、確実に決める必殺のタイミングでないと出せません。
鈴木:1試合に、1回。
小橋:その技でフォールをとらないと。(成功率は)100%なんですよ。バーニングハンマーを出した時は。だから、ゲームの中でも返されてはダメなんです。
一同:おお……

――覚悟しないと……
小橋:そもそも出し方がわからない(笑)まだフライングメイヤーしか使っていないから……

――必ず1回は出してもらいましょう。
鈴木:それは全員受けるパターンで……
潮﨑:1回しか出ないから……
――でも絶対返しちゃダメ(笑)

――潮﨑さんは久しぶりのプレイですが、ゲーマーの鼓太郎さんに勝ちましたね。
潮﨑:操作のやりやすさは……自分がやっていた頃の、ヒットロープして相手にぶつかることができた喜びを思い出しました。泥試合でしたけど。
小橋:鼓太郎はしょっぱいなあー……
鈴木:大人のゲームをしたんです(笑)
小橋:時間制限もできる?

――試合時間も調整できますし、プロレスに忠実なルールにのっとってゲームができるのがファイプロの売りなんです。ノーマル、金網マッチ、電流爆破、さらにグルーサムファイティング、総合格闘技までできるんです。
志田:すごーい!

――レフリーもエディットできます。
小林:ファイプロでジョーさんにやってもらうと試合時間が長くてなかなか終わらない。恭平さん(佐賀公平)なら早いんですけど……。あと、レフリー気絶もありました! ヒットロープやってると、たまにレフリーに当たって気絶して無法地帯に(笑)
小橋:ジョー(ジョー弘)さんは(3カウントの)3秒に一番忠実らしいですよ。
小林:さすがNWA公認レフリー!
小橋:でもわかんないですよ、そういう話ですから(笑)

<こんなファイプロにして欲しい!>

――今回のファイプロはまだ作ってる途中なので、ご意見を頂きながら完成に近づけていきたい。ここで「こんな機能ないの?」と言っていただけると、それが実現する可能性があります。

鈴木:ガウン着せましょう!
潮﨑:鈴木さんは目を細くしてほしいですね。
鈴木:線だけでいいんですけど(笑)
志田:私の衣装は左右非対称なので、絶対に無理だと思ってました。

――ファイプロさんに作っていただいた、志田さんのコスチュームの再現度は特に高かったです。
小林:超個人的なんですけど、試合中にタイツを脱ぎたいですね。脱ぎゲー要素もぜひ(笑)

――最近はストロングスタイルもなさっていますから。
小林:(大日本プロレスの)関本・岡林(裕二選手)って黒タイツなんですよ。彼らに挑む時は胴着を脱いで黒タイツ一枚になるんです。そうすると超正統派に生まれ変わる。

――最近はよく似合ってきました!
小林:腹は出すぎだけど(笑) 昔、黒タイツで練習していたら、ブッチャー選手にサンダー杉山って言われたことがあります(笑)

――僕みたいなこだわりを持つと、細部にまで再現性を求めちゃうんです。たとえば、90年代の小橋さんと00年代の小橋さんではタイツの色も違う。オレンジでもワンポイントが入ったり、黒にしてもちょっと違ったり、技もその年代で違う。その年代に合わせた設定が欲しいんです。潮﨑さんも黒シューズ時代があったし、体がバキバキの時と……
鈴木:ボチャボチャな時(笑)
潮﨑:誰がボチャボチャやねん(笑)

――ファイプロの再現性は無限にあります。
潮﨑:鼓太郎さんのデビュー時の青いタイツとか……。
鈴木:再現したい人いないだろ!

 

<小橋選手復帰!?>

――実は私、ファイプロは毎日やってるんです。家でも。この中で間違いなく一番うまいと思うんですけど(笑)
小橋:毎日やっている人に勝てるわけないでしょ(笑)

――自分がやるだけでなく、エディットレスラー同士でコンピューターに戦わせるのが好きなんです。ワンナイトトーナメントでも誰が誰と戦ったらいいか、とか想像したり。
鈴木:じゃあ、見るだけ?
※ファイプロ注:ファイプロで一番多いのは、レスラーの動きを自分で組んで、組んだレスラーの闘いを眺めながら酒を飲む遊び方。直接自分がやらないのも面白いんです

――想像した「夢の対決」を見て楽しむとか、夢のタッグマッチをトーナメントでやっていくのが面白いんです。ハンセン・ブロディーとロードウォリアーズを戦わせるとか。ファンが作ったエディットレスラーも12500人います。
潮﨑:いいですね、それ!
小林:操作しないで見ているだけ、十分変態的ですよ(笑)

――マッチメイカーの気分になれるんです。興行主やマッチメイカーの気分にもなれるのがファイプロです。トーナメントに好きな名前を付けたり、リーグ戦もできるんです。ベルトも作れるので、タイトルマッチができる。そういう仕掛けで遊ばせてもらえるのがファイプロです。
小橋:面白いですね。

――ファイプロのチャンピオンを決める戦いも行われる予定です。本物のチャンピオンベルト争奪となれば、私も出ようかなと思ってます!
※ファイプロ注:本物のベルトを作り、そのベルトを賭けた企画を進めています。

小橋:それ、いつごろやるんですか?

潮﨑:出る気だ……!今日から毎日……
小林:ゲームで小橋さんの復帰戦ですよ!
小橋:チャンピオンベルトをくれるというんだったら…… やってみても面白いかなあと。
鈴木:特訓しないと(笑)
小橋:チャンピオンベルトがあると聞いて、闘志に火が付きましたね。
ファイプロ:Twitterでも、海外ファンからの反応が一番大きかったのはベルトの写真でした!
――小橋さんの戦いに、世界も注目すると思います!

(撮影:二瓶隆弘)

 


【ファイヤープロレスリングワールド製品概要】

タイトル:
FIRE PRO WRESTLING WORLD (ファイヤープロレスリング ワールド)

プラットフォーム:
PlayStation®4/PC(Steam)

発売日:
PlayStation®4 2018年8月9日(木)
PC(Steam)版 2017年12月19日(火)

価格:
●PlayStation®4
通常版5,800円(税別)
限定版9,800円(税別)
デジタルデラックス版9,800円(税別)
●PC(Steam)版 3,000円(税別)

プレイ人数:
PlayStation®4  オフライン1~4人、オンライン1~4人
PC(Steam) オフライン1~8人、オンライン1~4人
販売元:
株式会社スパイク・チュンソフト

<Steamストアページ>
http://store.steampowered.com/app/564230

<公式サイト>
http://www.spike-chunsoft.co.jp/fireproworld/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3