宮澤聡のサイン収集列伝 3枚目

追っかけをしていると、ファンへの対応の仕方が選手によって様々なのが、よく分かります。
 
「サインをもらうのがほぼ無理な選手」←(ヒールの選手など)
 
「なかなかサインをもらうのが難しい選手」←(一人に対応してしまうと全員にするのが大変なのでファンの人数が多いと断るパターンや、気分屋(?)の選手で普段は書かないけど、気分次第で突然サインを書くパターンとか)
 
「基本的にはサインをくれる選手」←(時間的に急いでない限り、サインを書いてくれる)
 
この「基本的にはサインをくれる選手」が、プロレスラーでは大多数です。
「プロレスラーは他のスポーツの選手と比べてサインを書いてくれる人が多い」と、他のスポーツも追っかけしている知り合いからもよく聞きます。
 
この「基本的にはサインを書いてくれる選手」で我々は充分、満足で、有り難いのです。
 
しかし!その上をいく選手が何人かいます。
 
いわゆる「神対応の選手」です。
とにかく、とことんファンサービスをしてくれる選手が私の思い当たる中に何人かいます。
(※注意)これを読んだからといって、その選手が100%対応してくれるかは分かりませんので、そこはご了承ください。その時のご本人のご都合もあるでしょうから、あくまで「基本的には神対応」ということで。
 
日本人にも外国人にも、それに当てはまる選手が何人かいますが、ここで一気にご紹介するより、小出しにしていったほうが、私のこのコラムも長続きしますので(笑)、まずはお一人挙げさせていただきます。
 
それは、先日もIGFに参戦した、ボブ・サップです。
昔からサップのファンサービスの良さは素晴らしいものがあります。
2002年8月に国立競技場でノゲイラとやった試合での、開始早々のパワーボムで一瞬にして日本国中の格闘技ファンを虜にして、その勢いでK-1にいってホーストを2度も撃破しK-1ファンを驚かせ、またまたその勢いで新日本プロレスのドーム大会で中西選手をドロップキックでぶっ飛ばして、プロレスファンからも喝采を浴びました。
今書いたこと、驚くことに2002年8月~2002年12月までの4か月の間の出来事です。
テレビにも引っ張りだこになり一躍、超有名人になったサップ。
私はその一番の絶頂期、2002年12月のK-1グランプリ、東京ドーム大会の翌日の光景を今でも鮮明に覚えています。
K-1グランプリ決勝トーナメント初戦でホーストを撃破したサップですが、試合中に右手を骨折してドクターストップになったのです。
翌日、私はK-1の選手が宿泊している某ホテルに行きました。
ロビーにはもの凄い人数のファンがいました。
皆、お目当てはサップです。
ざっと100人以上はいたと記憶しています。
そこにサップが現れました。
待っていた100人のファンに加えて、その場に居合わせた一般の宿泊客も、まさかのサップの登場に、ワッと群がりました。
正直、これだけ人数いたら、サインは無理だなぁと思いました。
そして更に、私はふと気づいたのです。
あ、そうだ、手、骨折しているんだ!と。
サイン、書けないわ・・・と思って諦めました。
しかし!サップはファンの求めるサインを書き始めました。
サップはサウスポーだったのです(笑)
包帯ぐるぐる巻きの手と逆の手で一人一人サインを書き始めました。
写真も頼まれれば、腫れた顔で笑顔を作り、その場にいた全員に対応したのです。
 
これぞ!「神対応」!!!
 
そして、時は流れ先日の9月3日のIGFの東京ドームシティホール大会。
私は、しばらくサップに会う機会もなく、10年ぶりくらいにサップに会いにいきました。
ホテルからサップが出てきました。
サップは電話をしながら出てきました。
この「電話をしながら」というのは追っかけにとっては、ちょっと厄介なのです。
そりゃそうです、電話をしている人に声はかけれませんから。
正直、「あ~、これはサイン、ダメだぁ。」と諦めました。
でも、電話が終わるかもしれないから、一応近くでサインを入れてほしいカードの準備をしていました。すると、サップは電話を耳と肩で挟みながら、そのカードを取ってサインを書き始めました。その後も、けっこう大変な体勢なのにも関わらず、全員にサインを書いてくれました。
よく、色紙にはフルバージョンのサインで、カードみたいな小さなものには簡略化のサインを書く選手もいますが、サップは全てに「Bob Sapp“The BEAST”」と丁寧に書いてくれるのです。
そして、会場入口前で電話を終えたサップは、今度は写真撮影会!!
土曜日の東京ドームシティホールの前ですから、通りすがりの親子連れの方とかも集まってきて、全てに対応しました。
2002年の絶頂期から、2016年の今現在に至るまで、まったく「神対応」がぶれない姿に私は感動しました。
 
「これぞプロ!」
 

やはり、一度でも天下を取ったスターは違うなぁと思ったのでした。

 

サップのサインコレクションの一部

dsc_1567

 

9月3日、あの頃から変わらぬサップに感動!!

dsc_1553

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事