【さよならグレート・ニタ】ラストマッチ終えた大仁田の“化身”ニタが東京湾に消えた・・・

大仁田厚の“化身”グレート・ニタが、10・31後楽園での本家の引退を前に、リングに別れを告げ、東京湾の台場の海に消えていった。

8月27日、東京・新木場1stRINGでの「さよならグレート・ニタ」興行を前にして、10日に台場の海に出現したニタ。その後、17日間、どこで何をしていたかは全く不明だが、会場にはちゃんと現れた。
“最後の魔界対決”と銘打たれた一戦で、ニタは“腹違いの妹”グレート・タム、落武者橋本、雷電と組み、ジーザス矢口、ミスター・ポーゴ2世、怨霊、寧々D.a.i組と8人タッグマッチで激突。

ニタはいきなり、矢口に緑の毒霧を噴射し、先制攻撃を仕掛けると、怨霊に机上パイルドライバーを繰り出すなど、変幻自在のファイトで、矢口組をほんろう。妹タムともダブルの毒霧、合体ブレーンバスターを披露するなど連係は絶妙。最後は自身の体を360度回転させてからのトリッキーなイス攻撃、続けてバックドロップを怨霊に見舞い、3カウントを奪った。
ラストマッチを白星で飾ったニタは、「最近日本語を覚えた。『さよならニタ』ということは、オオニタもさよならだと思う。日本で初めて覚えた言葉は『疲れた』。また今から海に帰る。バカらしいと思うけど、いい年こいて海に帰る。今から夜の海に行く。全国に行って、オオニタにニタのサインを求めるヤツがいるけど、もうやめてって! オレとニタは兄弟でも親せきでもなく、たまたま知り合いなだけ」と、ニタ史上初のマイクアピールをして、超満員の観衆を驚かせた。
さらに、ニタは「今日は半分だけオオニタになります」と言うと、まさかの「1、2、3、ファイアー!」で締めくくった。
ニタは試合後のサイン会を終えると、東京湾へと向かい、10日に出現した場所からほど近い台場の海に消えていった。
1990年に米国マットにニタらしき男が登場し、国内では、1994年12月1日、広島グリーンアリーナで初めて姿を見せたニタが、ついにリングから去ってしまった。それでも、その意思は、妹タムに受け継がれていくことだろう。


<試合結果>
大仁田興行「さよならグレート・ニタ新木場大会」
8月27日(日) 東京・新木場1stRING (18時) 観衆350人(超満員)

5.グレート・ニタ最後の魔界対決 無制限1本勝負
○グレート・ニタ&グレート・タム&落武者橋本&雷電(11分50秒、体固め)ジーザス矢口&ミスター・ポーゴ2世&怨霊●&寧々D.a.i
4.特別試合 30分1本勝負
○ミス・モンゴル(7分32秒、片エビ固め)Mr.ハゲ●
※髪の毛をつかんで、後方に投げ飛ばす
3.30分1本勝負
○佐野直&佐瀬昌宏(13分12秒、片エビ固め)藤井健一&ショッカー●
※垂直落下風ブレーンバスター
2.20分1本勝負
○HASEGAWA&寺尾利明(10分21秒、片エビ固め)雷電&友龍●
※ダイビングダブルニードロップ
1.団体の垣根を超えた電流爆破風デスマッチ 15分1本勝負
○小橋太っ太(9分6秒、体固め)太仁田ブ厚●
※無視鉄線バット攻撃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事