【編集長インタビュー】「10・29横浜海底秘境探検」への道②「アジャ・コング」

【「10・29横浜海底秘境探検」への道②】

OZアカデミーの10月29日、横浜文化体育館大会で行われる「豊田真奈美引退ロード」に出陣するアジャ・コング。豊田の通常ルール・ラストマッチで一騎打ちに臨むが、30年来の好敵手・豊田へのあふれる思いを語りつくした。

――豊田選手の通常ルールでのラストマッチ、しかも一騎打ちです

アジャ 節目、ふしめで豊田とは闘ってきた。私が全日本女子プロレスを退団するとき、豊田が相手だった。全女から送り出す役目を務めてくれた。豊田の最後の節目は私。「これが最後」にしてやる。

――豊田選手への思いは?

アジャ 豊田は30年、私は31年、一年違いで30年やってきた。リング上で切磋琢磨してきた。「豊田真奈美」がいたからこそ、今の私がいる。私が一年先輩だけど、若手の頃は先に行かれた。後輩である豊田に置いていかれた。その悔しさがあったから、頑張れた。「豊田にだけは負けたくない」「彼女と私、どっちが強いんだ」と、常に思っていた。

――リングを離れた時は、どんな関係だったんですか?

アジャ 二人とも協調性のある方じゃないし、普段はなにしているのか? ほとんど関わりはなかった。女子プロレスのいい時代に、同じ時代に、豊田がいてくれて良かった。だからこそ、最大限の気持ちを込めて、潰しに行くのが私の使命。

――とことん潰す…

アジャ 未練を断ち切ってあげないと。30年分の思いを全身全霊をかけて1対1ですべて、ぶつけあうことになる。私もそうだけど、豊田も同じだと思う。

――豊田選手とは6勝5敗2分。やはり互角の戦績が残っています

アジャ そうですか。過去はともかく、10・29決戦に今は集中している。

――アジャさんは生涯現役ですか?

アジャ やれるところまでは、やりたい。たとえ引退しても「レスラー『アジャ・コング』」はついて回ると思うし、プロレスが大好きだから、一生、このままリングに上がり続けたい。若い選手も出てきているし、刺激を受けている。私は、誰にも一生、負けたくない。先を走り続けたい。先に生まれ、先にプロレスを始めたんだから、先を行くのは、当たり前のこと。

――アジャさんの31年は重いですね。若い選手たちはどうですか?

アジャ 若い人たちの意識も変わってきた。高い志を持って、取り組んでいる。ヒシヒシと感じている。彼女たちを引っ張るのも私たち世代の役目。若い人たちの中から、誰が飛び出してくるのか? ひとつ、きっかけがあれば、時代を掴める選手が何人かいる。でも、何かが足りない。私にしても豊田にしても、もがき苦しんだ時期がある。時代の流れとマッチするためには「もう少し」なんじゃないかな。それは何か、自分でつかみ取るしかない。

――若手世代の壁になるためにも、10・29決戦で行われる、OZアカデミー認定無差別級選手権「王者・松本浩代VS挑戦者・世志琥」の勝者に挑戦の名乗りをあげる考えはありませんか

アジャ 今は豊田を介錯することで、頭がいっぱい。豊田をきっちりと送り出してあげてから、考える。

豊田の引退マッチ(11月3日、横浜大さん橋ホール大会)は特別ルール「50人掛けマッチ」。アジャとの一騎打ちが事実上のラストマッチと言っていいだろう。だからこそ、アジャは完全KOを明言。豊田をリングという「四角い戦場」から送り出す使命を立派に果たしてくれそうだ。

 

(撮影:二瓶隆弘)

 

〜横浜海底秘境探検〜
日時:2017年10月29日(日)16:00試合開始
会場:横浜文化体育館大会

豊田真奈美引退ロード
シングルマッチ
豊田真奈美 vs アジャコング

~チケット情報~
チケットぴあ:https://goo.gl/R4CHss
イープラス:https://goo.gl/1QoJCb
ローソンチケット:https://goo.gl/C6ktG7
チャンピオン(水道橋)、書泉グランデ他にて発売中。

OZアカデミー女子プロレス公式HP
http://oz-a.com/

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事