【センダイガールズプロレスリング】9.17宮城野区文化センター 公式試合結果!!~

unnamed-7
9月17日(土)宮城野区文化センター
◆試合結果◆
第1試合目
シングルマッチ15分一本勝負
×岩田美香(8分32秒アームロック)〇朱里
第2試合目
シングルマッチ15分一本勝負
×カサンドラ宮城(11分41秒片エビ固め※ダイビングギロチンドロップ)〇水波綾
第3試合目
タッグマッチ20分一本勝負
KAORU &〇松本浩代(12分18秒片エビ固め※バックドロップ)×アレックス・リー&志田光
セミファイナル
シングルマッチ 15分1本勝負
△橋本千紘(時間切れ引き分け)△木村響子
メインイベント
30分1本勝負
センダイガールズワールドチャンピオンシップ
〇里村明衣子【王者】(22分50秒レフリーストップ※スリーパーホールド)  ×DASH・チサコ【挑戦者】
試合後マイク
里村「女子プロレス界の横綱里村明衣子です。今日はありがとうございました。
10月のサンプラザ大会までベルトを守り抜きました。向かうところに敵なし!じゃあ、つまらないですよね。
次、私に誰か、挑戦してくる奴はいないのか?」
橋本千紘が上がってる。
「次、自分に挑戦させてください。自分は仙女を変えるために入門してきました。必ず、里村さんを超えて見せますので、次、自分と戦ってください。よろしくお願いします。」
里村「そういうやつを私は10年間、待っていたんだよ。よーし、仙台サ ンプラザ、お前とシングル、決まりだ。私に勝ったとしたら、時代を変えるな!まだ無理だと思いますけどねえ。心して、1か月後、待ってるからな。」
里村退場
リングに残ったチサコに、KAORUが歩み寄る。
KAORU「里村どうだった?強かったろ!そりゃそうだ。あんだけ、ベルトを守ってきたプライド、思いは強い。でもチサコ、あんたも守ってきたものなかったっけ?誰にも腰に巻かれなかったベルトがかわいそうじゃない?私と、もう一回タッグを組んで、ベルト取りに行かない?」
志田&朱里「ちょっと待った!」 ~リングイン
志田「今 の話、聞きました!タッグのベルト、今、我々が持っているのもタッグのベルト、もう一個ほしいな~。それに、DASH・チサコにそのまま任せるの、すっげーやだなー。我々が立ちはだかって、そのベルトかっさらっちゃおうかなー」
KAORU「あのさー、正直あんたたちとはやり飽きちゃったんだよなー。新鮮味もくそもないのよ。だからさ、仙女さん、もうちょっと人集めてくんない?もっといっぱいでやろうよ、ねえ!いいよーどんなスタイルでも、ハードコアでもね!とりあえず、お引き取り願っていいすか?」
志田&朱里、強制退場。
チサコ「みなさん、今日は負けてしまいました。でも 、仙女にはシングルだけでなく、タッグがある。KAORUさんと一緒に、十文字姉妹を超えて、タッグを磨いていきましょう。タッグベルトを取りに行くこと!目標ができたので、DASH・チサコ、KAORU、進んでいくんで応援よろしくお願いします。」
この大会にて、10月16日仙台サンプラザホール大会のメインイベントは、センダイガールズワールドチャンピオンシップ 里村明衣子VS橋本千紘 に決定。
タッグタイトルはトーナメントによる決定戦が決定しました。トーナメントの組み合わせ、出場タッグは後日発表します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事