【ドラディション】大阪でもマスカラスが飛んだ!藤波、長州、初代タイガーのレジェンドが勢揃いし台風を吹っ飛ばす大盛況!!


大阪南港 ATCホール Cホール   11:30開場 12:30開始

SKY HIGH DRAGON ツアー

観衆:1,300人(満員)

2017年10月29日、1995年10月29日に伝説の「無我」旗揚げから22年。

原点の地、大阪南港にある大阪ATCホールに藤波が帰ってきた。

台風が接近する中、ATCホールで《DRADITION 2017 SKY HIGH DRAGON ツアー》最終戦が行われ、1,300人(満員)のファンが集まった。

第 6 試合 スペシャル6人タッグマッチ
○ミル・マスカラス
長州力
藤波辰爾
(8分53秒フライングボディアタックから体固め)
AKIRA×
越中詩郎
ザ・グレート・カブキ

 

メインでは、山吹色をした新調・平成維震軍の道着を身につけたAKIRA、越中詩郎、ザ・グレートカブキがタッグを組み、藤波辰爾・長州力・ミル・マスカラス組と対戦。

 

レジェンド選手の入場に会場はMAXの盛り上がりをみせる。

 

試合は長州vs越中からスタート。越中がヒップアタックで先制をかけるが、長州は越中の攻撃をはねつけ、サソリ固めに持ち込むが未遂。藤波も加勢しマスカラスに繋ぐ。マスカラスは得意のメキシコ流の複合技でAKIRAを翻弄。

 

しっかりとペースを握ると、藤波もドラゴン殺法で畳み込む。

 

AKIRAがムササビプレス、越中がダイビングヒップアタックと大技を繰り出すが、長州がラリアットで越中をなぎ倒すと藤波が AKIRAにドラゴンスクリュー。

やっとのことで立ち上がったAKIRAを藤波がガッチリとホールドした瞬間、すでにトップロープから離陸態勢に入っていたマスカラスが華麗なフライングボディアタックを見舞い、3カウントを奪った。

試合後に、初代タイガーマスクが特別ゲストとして登場。中学生の頃から憧れの存在であったマスカラスに感謝の言葉とエールを贈った。

最後はともに時代を築いたマスカラス、藤波、初代タイガー、長州の4名で記念撮影。

大歓声の中、大阪大会の幕が閉じた。
山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。 その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。 プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。 またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事