【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記】 ~プロレス武者修行 in イギリス~ 【20】「トイレでもバーベル」

There are a lot of monsters in my favorite gym in England.

Every day I think about my muscles.

 

 

ハ〜ロ〜〜♪

さぁ、今週も始まりました世界UTAMARO滞在記。

 

今週は毎日通っている、イングランドのリバプールにあるフィットネスジムについて書いちゃいます。

 

日本でフィットネスジムというと、月会費がだいたい一万円ぐらいですが、イギリスではその半分の五千円ぐらいと日本よりリーズナブル。

 

しかし日本やアメリカとは違い、誰にでも気軽に通えるジムという雰囲気は…正直ない(笑)。

 

なぜなら店内は汗臭く、まさに男の部室! みたいな感じで、スタッフはビックリするぐらいなマッチョが、毎日タンクトップでお出迎え。

 

「パツキンの女性会員を増やす気あるのか⁉︎」っと、よく聞きたくなる(笑)。

 

聞けば女性会員は一人だとか(笑)。

 

しかもその一人は現役格闘家というかなりの肉食系女子(笑)。

 

そりゃそうだよな、店内にあるインクラインプレスの上の窓が、ガッツリ割れていて、それを透明のセロテープで軽く止めてあるだけ、という凄い雑な応急処置。

 

 

風が吹いてきたらガラスの破片が「インクラインプレスをしている人に直撃する」というまさに世界一危険なトレーニングマシンがあるこのジム。

 

しかし驚くのはまだ早い。

 

他にもトイレに驚いた。

 

普通いくらジムとはいえ「トイレぐらいゆっくりさせてくれ〜!」って感じだけど、ココは一味違う。

 

まさかのトイレにもダンベルが(笑)。

 

…しかも重めのダンベル(笑)。

 

これじゃあゆっくりウ○コもできないよ!

 

 

トイレまで筋肉一色なジムはなかなか珍しい。

 

そんなストイックなイギリスに住む方は「是非ROCKYS GYMへ」って、日本人に向けて日本語で宣伝してもな(笑)。

 

そんな疑問点が多いジムだが、なんだかんだ毎日楽しく通っているよ。

 

常連の会員とも仲良くなり、明日の夜一緒に飯を食いに行く約束をしているぜ。

 

日本人とイギリス人とアメリカ人とウクライナ人の四人で。

 

一体どんな世界マッスルトークが始まるのか⁉︎

 

私も分からない(笑)

 

 

オっと〜〜!

そろそろ餌の時間だ。

また満月の夜にでも…。

 

村瀬広樹(UTAMARO)
フリーランスプロレスラー村瀬広樹(UTAMARO)。 「100%楽しいレスラー人生」をつかみ取るため「無期限」海外武者修行。あえてイバラの道を選択した「ジャパニーズ・ドリーム・ボーイ」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事