【WWE】ヒデオがRAWサプライズ登場​/史上初、女子ロイヤルランブル戦が決定!

米国現地時間1218日ロードアイランド州プロビデンスで開催されたRAWにヒデオ・イタミがサプライズ登場。

フィン・ベイラーとタッグを組んでミズトラージュ(ボー・ダラス&カーティス・アクセル)にGTSを決めて勝利した。

また、アスカはアリシア・フォックスとのリマッチで腕十字を決めて貫禄勝ちを収めた。

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 ◆イタミ・ヒデオがRAW初登場。

 フィン・ベイラー対ミズトラージュの1対2ハンディキャップマッチが行われるも、試合を有利に進めるベイラーにミズトラージュが2人がかりで攻撃して反則判定となってしまう。試合終了後も執拗に攻撃を受けるベイラーだったが、そこに突然、イタミ・ヒデオがリングに登場すると左ハイキック2発で2人を一蹴してベイラーを救出した。ベイラーは「俺の友達、明日の205 Liveでデビューするヒデオ・イタミだ」とヒデオを紹介するとタッグマッチを提案。ヒデオは自身初のRAWのリングでトップロープからのクローズライン、串刺しドロップキックを決めて暴れまわり、最後は首を掻っ切るポーズを決めると必殺のGTSでアクセルを沈めて勝利した。

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆アスカ vs. アリシア・フォックス

 RAWでも連勝を続けるアスカはアリシア・フォックスとのリマッチに挑んだ。アスカは不敵な笑みを浮かべながらアリシアに攻撃を始めるとアリシアはロープエスケイプを多用して攻撃を回避。しかし、アリシアが隙を突いて顔面へのビックブーツ、スリーパーホールドを連続で決めるとアスカの本気モードにスイッチが入る。アスカは連続技でアリシアを畳み掛け、バズソーキックで沈めると最後は腕十字を決めて貫禄勝ち。危なげない勝利で連勝記録を更新した。

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ユニバーサル王座戦をめぐり、巨人3人が対峙

この日のRAWオープニングではユニバーサル王座戦をめぐり、王者ブロック・レスナー、ブラウン・ストローマン、ケインの巨人3人が対峙した。カート・アングルGMPPV「ロイヤルランブル」でこの3人によるトリプルスレット形式での王座戦を発表するとレスナーがストローマンをクローズライン、ケインをF5で沈めてリングを後にした。

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆史上初、女子ロイヤルランブルマッチ決定

 この日のメイン戦ではサシャ・バンクス&ミッキー・ジェームス&ベイリー対アブソリューションの6人タッグ戦が行われるも、アブソリューションの反則裁定で終わるとロッカールームの女子スーパースターも現れて乱闘に発展。するとコミッショナーのステファニーが現れて混乱を収めると、「3年前にWWEで女子革命が始まったが、それを進化させる。もう一度歴史をつくるため、PPVロイヤルランブル」で史上初、女子によるロイヤルランブルマッチを行う。」と発表した。

ユニバーサル王座戦、女子ロイヤルランブル戦が行われるPPVロイヤルランブル」は日本時間129日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事