【WWE】中邑のロイヤルランブル出場が​決定/ヒデオがギャラハーを返り討ち

米国現地時間1226日イリノイ州シカゴで開催された205 Liveにヒデオ・イタミ、戸澤陽が登場した。
ヒデオはジャック・ギャラハーとのシングル戦でリングス・オブ・サターンを決めて快勝、戸澤はトニー・ニースのランニング・ニーを決められて敗戦した。

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆イタミ・ヒデオ vs. ジャック・ギャラハー

前日のRAWでブライアン・ケンドリックをGTS葬したヒデオは、その仲間のジャック・ギャラハーとのシングル戦に挑んだ。
ケンドリックの復讐を狙うギャラハーは「今日は俺がお前を痛い目に遭わせてやる」と意気込んだ。
ケンドリックの得意技、キャプテン・フックをギャラハーに決められて窮地に追い込まれるヒデオだったが、これをロープエスケイプで回避すると串刺しドロップキック、さらにリングス・オブ・サターンでギャラハーからタップを奪って勝利した。

 

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆戸澤陽 vs. トニー・ニース

試合前、挑発した質問でニースからパンチ一発を食らった戸澤はお返しとばかりにビックブーツで先制。
その後も互角の攻防を展開し、戸澤がトペ・スイシーダを豪快に決めるも、惜しくもカウント2。
勢いに乗る戸澤はバイシクルキック、さらにトップロープからセントーンを狙うが、逆に不意打ちでニースの打撃を受けてしまい、最後はランニング・ニーで沈んで敗戦した。

 

◆中邑真輔のロイヤルランブル戦出場が決定

スマックダウンでは中邑真輔のロイヤルランブル戦の出場が決定した。
インタビューを受けるランディ・オートンが「俺以外の29をトップロープから放り出してやる」とロイヤルランブル出場を宣言すると、中邑が現れて「それはいいアイディアだ。レッツ・ランブル」と言って立ち去った。
ロイヤルランブル戦はトップロープを越えてリング下に両足がついたら失格。
スーパースター30が競い合い、最後に残った勝者にはPPV「レッスルマニア」での王座挑戦権が与えられる。
PPV「ロイヤルランブル」は日本時間129日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事