【WWE】アスカ、王者からタップアウト​勝ち/レスナーがケインと乱闘

米国現地時間11日フロリダ州マイアミで開催されたRAWでアスカがRAW女子王者アレクサ・ブリスとノンタイトルで対戦。

スカは飛びつき腕十字を決めてブリスからタップアウトを奪って利した。

フィン・ベイラーはルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンとタッグを組んでクー・デ・グラで快勝、ブロック・レスナーはケインと対峙すると乱闘に発展した。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆アスカ vs. アレクサ・ブリス

女子ロイヤルランブルに出場表明し、RAW女子王座を狙うアスカは王者ブリスとノンタイトル戦での一騎打ちに挑んだ。序盤からヒップアタックで主導権を握ったアスカはアンクルロックアームロックと関節技で追いつめるもブリスはこれをロープエスケイプで回避。すると防戦一方のブリスが隙を突いてアスカにビンタを食らわすと、本気に火が付いたアスカはドロップキックの連打、串刺しヒップアタックを決めてブリスを圧倒すると、最後は飛び付き腕十字で捕まえてブリスからタップアウトを奪った

王者を相手にその実力を証明したアスカ。アスカが女子ロイヤルランブル戦で優勝すれば、PPVレッスルマニア」で王座に挑戦する権利を獲得することになる。PPV「ロイヤルランブル」は日本時間129日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

6人タッグ戦(フィン・ベイラー&ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン vs. アライアス&ミズトラージュ)

フィン・ベイラーはルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンとタッグを組んで、アライアス&ミズトラージュとの6人タッグ戦に挑んだ。アライアスに捕まって苦戦したベイラーだったが、ギャローズにタッチするとビックブーツ、スーパーキックでボー・ダラスを沈め、さらにアンダーソンと連携してマジックキラーを決めると最後はベイラーがトップロープからクー・デ・グラをボーに炸裂させて勝利した。試合後、勝利したベイラー、ギャローズ、アンダーソンの3人は「Too Sweet」のハンドサインと共に勝利をアピールした。

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆レスナーがケインと乱闘

PPV「ロイヤルランブル」でブラウン・ストローマン、ケインとのトリプルスレット形式の王座戦が決定した王者ブロック・レスナーがマネージャーのポール・ヘイマンと共に登場した。ヘイマンは「ストローマン、ケインの2人の挑戦はレスナーにとって不利な状況だ。しかし、レスナーはどんなチャレンジャーも恐れない。100%防衛に成功する。」と宣言すると、そこへ突然ケインが登場する。リング上で両者が睨み合って対峙すると、ケインはレスナーを捕まえてチョークスラムを炸裂。一度はリングに沈んだレスナーだったが、不敵な笑みを浮かべながら起き上がるとケインをクローズラインで場外へ落として乱闘に発展。バックステージから10人を超えるスーパースターが駆けつけて何とか2人の乱闘は沈静化した

トリプルスレット形式ユニバーサル王座戦が行われるPPVロイヤルランブル」は日本時間129日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事