【WWE】中邑とオートンがゼインをキン​シャサ&RKO葬

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間19日アラバマ州バーミングハムで開催されたスマックダウンにて中邑真輔がAJスタイルズ、ランディ・オートンとタッグを組んで、ケビン・オーエンズ&サミ・ゼイン組とハンディキャップ戦で対戦し、続けざまにキンシャサ、RKOでゼインを沈めて勝利した。

205 Liveでは先週、鉄パイプ攻撃を受けたヒデオ・イタミがジャック・ギャラハーと対峙した。

 

 ◆中邑真輔&AJスタイルズ&ランディ・オートン vs. ケビン・オーエンズ&サミ・ゼイン(ハンディキャップ戦)

シェイン・マクマホンコミッショナーの提案で決定した23ハンディキャップ戦は中邑真輔がAJスタイルズ、ランディ・オートンとタッグを組んで、ケビン・オーエンズ&サミ・ゼイン組と対戦した。

数的不利なオーエンズ&ゼイン組が手段を選ばない試合運びをするも、シェインの介入で波乱の展開を迎えた。

スタイルズがオーエンズを捕まえてフォアアームからスタイルズ・クラッシュを狙うと、すかさずゼインがオーエンズを場外に引っ張り出して回避。

人はそのまま場外カウントを無視して逃げ出してしまう。

すると突如シェインが現れるとカウントアウト裁定なしにルール変更を指示。しかし、続けてオートンがゼインをDDTで沈めてRKOを狙うと、今度はオーエンズが椅子でオートンを攻撃して反則判定。

試合は終わったかに思われたが、またしてもシェインが現れて失格判定なしのノーDQルールに変更した。

度重なるルール変更で手段を失うオーエンズ&ゼイン組。

すると中邑はオートンと逃げ回るゼインを捕まえるとキンシャサ、RKOそれぞれ叩き込み、完璧な3カウントを奪って勝利した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事