【WWE】<RAW25周年記念大会>アンダーテイカー、D-ジェネレーションX がRAWの聖地マンハッタン・センターに登場!

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

米国現地時間122日のRAWはニューヨーク市ブルックリン区25周年を記念して、バークレイズ・センターと最初のRAW録場所であるマンハッタン・センターのWWE初となる2会場で中継が行われた。

◆アンダーテイカー、D-ジェネレーションRAWの聖地マンハッタン・センターに登場

あの男がRAWのリングに戻ってきた。20174月のレッスルマニア33以来姿を見せなかったアンダーテイカーがRAW最初の収録場所、マンハッタン・センターのリングに登場した。

アンダーテイカーは熱烈なアンダーテイカーコールで迎えられると「25年間、ダークサイドに足を踏み入れる奴はすべて葬ってやった。スティーブ・オースチン、ミック・フォーリー、ケイン、この聖地で闘いを挑み、敗れ去ったものに贈る。Rest in peace(安らかに眠れ)」と告げてリングを後にした。

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

また、ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン対リバイバルの試合前にはWWEレジェンドのD-ェネレーションXが集結。

トリプルH&ショーン・マイケルズが登場すると「25年前ここからすべてが始まった。マンハッタン・センターがRAWのホームだ。」と会場を盛り上げると、ニュー・エイジ・アウトローズ、Xパック、レイザー・ラモン、さらに現役のベイラー・クラブが登場した。

試合ではギャローズ&アンダーソンがマジックキラーでリバイバルに快勝すると、突っ掛かってきたリバイバルのドーソンにレイザー・ラモンが爪楊枝を投げつけ、XパックがXファクター、ロード・ドックがシェイク・ラトル&ロール、ビリー・ガンがフェイマサーと連続攻撃で沈めると、続けて現れたリバイバルのワイルダーにマイケルズがスィート・チン・ミュージック、トリプルHがペディグリー、ベイラーがクー・デ・グラを叩き込むと、最後はメンバー全員で「Too Sweet」ポーズで勝利をアピールした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事