【WWE】30人の女子スーパースターが競い合う史上初の女子ロイヤルランブル戦でアスカが快挙を達成!

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

米国現地時間1月28日ペンシルバニア州フィラデルフィアで開催されたPPV「ロイヤルランブル」でAJスタイルズがケビン・ーエンズ&サミ・ゼインを相手にハンディキャップWWE王座戦挑み、アスカ、カイリ・セインは史上初の女子ロイヤルランブル戦に参戦した。 

 

◆アスカが史上初女子ロイヤルランブル戦で優勝

30人の女子スーパースターが競い合う史上初の女子ロイヤルランブル戦でアスカが快挙を達成した。

25番目に登場したアスカはベラ姉妹(ブリー、ニッキー)、サーシャ・バンクスを含む最後の4人に残ると、優勝候補のアスカは3人から集中砲火を浴びる。

しかし、アスカを攻撃するサーシャをベラ姉妹が後ろから捕まえるとそのまま放り投げて脱落。

さらにアスカがブリーをエプロンに追いつめると、ニッキーは裏切ってブリーを不意打ちして脱落させてしまう。これで一騎打ちとなると2人はロープ際での攻防を展開。

アスカがエプロンから関節技でニッキーを捕まえるとそのまま両者エプロンに倒れ込み、最後はアスカがニッキーの打撃で倒れるも、その隙にニッキーを蹴り落として勝利を収めた。

史上初の女子ロイヤルランブル戦を制し、王座挑戦権を獲得したアスカはコーナーポストに上がると、レッスルマニアロゴを指さして自身の勝利をアピールした。

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、RAW女子王者のアレクサ・ブリスとSMACKDOWN女子王者のシャーロット・フレアーがリングに上がると、そこへ突然元UFCバンタム級女子王者のロンダ・ラウジーが現れた。

会場騒然の中、ラウジーはレッスルマニアロゴを指さすとアスカに手を差し出した

この握手をアスカが拒否すると再びレッスルマニアを指さして会場を後にした。

アスカの王座挑戦、さらにラウジー登場で盛り上がりを見せるWWE最大の祭典「レッスルマニア34」は米国現地時間48日に行われ、日本時間4月9日にWWEネットワークで(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事