【WWE】ダッドリー・ボーイズが2018年のWWE殿堂入り!

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆ダッドリー・ボーイズが2018年のWWE殿堂入り

WWEは日本時間130日、ダッドリー・ボーイズの2018度のWWE殿堂入りを発表した。

2018年度の殿堂者としてはゴールドバーグに続き、第2号となる。今回殿堂入りが発表されたダッドリー・ボーイズは1996ECWで発足。

ババ・レイとディーボンからなるユニットで、20年にも及びタグチームとして第一線で活躍した。ECWでは口が悪い悪役として名高く、観客の反感を買うことに長けていた。ECWの特色を生かしたテーブルマッチ形式を得意とし、得意技の3Dを炸裂し観客を熱狂させた。WWEでも、その悪づくスタイルを継続。

タグチーム紛争の一翼を担い、ハーディ・ボーイズやエッジ&クリスチャンらとWWEでテーブル・ラダー・チェアマッチ(TLC)形式を定着させた。

今日までに8度の世界タグチーム王座、1度のWWEタグチーム王座、そして1度のWCWタグチーム王座に輝いた。

なお、『WWE殿堂(WWEホール・オブ・フェーム)』はWWEを含め、スポーツエンターテイメント業界で顕著な活躍をした人物を表彰する制度。

選手だけではなくマネージャーやプロモーターなどの関係者、さらにWWEに登場したタレントや著名人なども表彰されている。

ゴールドバーグが参加する殿堂入りセレモニー『WWEホール・ブ・フェーム2018』は、米国現地時間46日にルイジアナニューオリンズのスムージー・キング・センターで行われる。その模様は日本時間47日に「WWEネットワーク」で生配信される予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事