【WRESTLE-1】「俺のプロレス生活最後のムーンサルトを披露したい」武藤敬司が3月末にヒザの人工関節の手術を決断!3.14後楽園大会でかつての弟子たちとスペシャル8人タッグマッチ!

「俺のプロレス生活最後のムーンサルトを披露したい」武藤が3月末にヒザの人工関節の手術を決断!

3.14後楽園大会でかつての弟子たちとスペシャル8人タッグマッチ!

■2018.2.19WRESTLE-1記者会見

「俺のプロレス生活最後のムーンサルトを披露したい」武藤が3月末にヒザの人工関節の手術を決断!3.14後楽園大会でかつての弟子たちとスペシャル8人タッグマッチ!■2018.2.19WRESTLE-1記者会見
「俺のプロレス生活最後のムーンサルトを披露したい」武藤が3月末にヒザの人工関節の手術を決断!3.14後楽園大会でかつての弟子たちとスペシャル8人タッグマッチ!■2018.2.19WRESTLE-1記者会見「俺のプロレス生活最後のムーンサルトを披露したい」武藤が3月末にヒザの人工関節の手術を決断!3.14後楽園大会でかつての弟子たちとスペシャル8人タッグマッチ!■2018.2.19WRESTLE-1記者会見

2月19日(月)、都内・GSPメディアセンターにて武藤敬司が記者会見を実施。

3月末にヒザを人工関節にする手術を受けることを発表した。

ヒザに爆弾を抱え続けながらプロレスを続けてきた武藤だが、ついに日常生活にも支障をきたすほどまでになり、ついに大手術を受けることを決断。

その手術前に武藤としての最後の試合として、3月14日(水)の後楽園ホール大会でかつて自分が育てた選手を集め、武藤敬司&浜亮太&SUSHI&宮本和志vs河野真幸&大和ヒロシ&中之上靖文&KAIのスペシャル8人タッグマッチを行なうことを発表した。

手術を受け持つ医師の話によれば、人工関節を入れるとムーンサルトプレスはできなくなるという。

そのため、「俺のプロレス生活最後のムーンサルトをチャンスがあれば披露したい」と、この試合で最後のムーンサルトプレスを発射することを予告。

代名詞とも言える必殺技を最後に放ち、思い残すことなく、プロレス人生最大の勝負に挑む。

 

 

武藤敬司のコメント

 

「皆様、忙しい中、集まっていただきありがとうございます。今回、武藤敬司、プロレス生活一大決心をしたことを報告します。3月末に両ヒザを手術することにしました。その手術は人工関節を入れることにしまして、今までもお医者さんと相談しながら人工関節の話も出たんですが、今まではいろんな先生に聞いたんですが、先生方は人工関節にしたらプロレスは辞めたほうがいいいと言われてましたので、悩みに悩んでいたんですが、去年の末、一人の先生と出会いまして、その人は人工関節をしてからもプロレスができるって言ってくれました。その先生の言葉を信じることにしました。その先生はNBAの選手の手術をしたりとか、スキーの選手の手術をしたという実績のある先生でですね、その先生を信じて手術することになりました。で、おそらく手術したあと、年内はすべて欠場する予定です。しかしながら、3月に試合が組まれていましてですね、W-1の後楽園ホール大会で、武藤敬司としては最後の試合。あとDDTでグレート・ムタの試合が3月25日に両国があって、それがグレート・ムタとしても最後で。まあ後楽園のカードを発表しますと、武藤敬司&浜亮太&SUSHI&宮本和志vs河野真幸&大和ヒロシ&中之上靖文&KAI、大和は復帰戦ですね。全選手が俺のもとでプロレスラーとなり、今独立して独り立ちした選手を集めて。なんか今回の敵は非常に俺自身も不安であったり、俺も怖くもあり、という中でこいつらとやることでパワーをもらいたいという気持ちで、俺がリクエストとして組まれた試合です。手術後、必ず帰って試合をするつもりなんですが、一つ条件がありまして、やっていい技とダメな技がありまして、ダメな技の一つにムーンサルトプレスがありまして。だから、復帰してもムーンサルトは使うことができません。まあまあ試合というのはナマモノでどうなるのかはわかりませんけど、俺のプロレス生活最後のムーンサルトをチャンスがあれば披露したいと思っております」

 

──手術をすると年内いっぱいは試合はできない状態ということですか?

 

武藤 リハビリですね。

 

──復帰する目処というのはまだわからない感じですか?

 

武藤 まだわからない。自分の状態を見てからですね。ただ、それぐらいの時間をもらわないと、筋力も低下しているし。

 

──お医者さんとの話で、もう一回プロレスができるという話があったということなんですけど、武藤さんとしてはどれぐらい回復できると想定していますか?

 

武藤 いや、基本的にヒザさえ治ったら、他のところは至って丈夫で、ここさえ治ったらまだまだ何年でもやっていく自信はありますね。今回の選択はプロレスを続けたいがための選択でありましてですね。ただこればっかりは俺だけの努力では成り立たない問題であって、医学の力であたり、俺に不安とか恐怖を与えられるというか。まあガキの頃、仮面ライダーに憧れて、その延長でプロレスラーになったわけですが、もしかしたら俺は仮面ライダーに一歩近づいたんじゃないかと。また正義の味方として仮面ライダーの如く帰ってきます。

 

──ヒザなんですが、手術をしないと限界というか。

 

武藤 そうですね。私生活も大変なんですよ。

 

──人工関節を検討し始めたのはいつ頃なんですか?

 

武藤 もう10年ぐらい前からしてるんじゃないかな? ただ、今までは諸説あって、耐久が20年だとか人工関節にするには若すぎるとか、壊れたらおしまいだとか。いろいろ諸説あって悩んだり躊躇したりして、今まではやらなかったんですけど。その道を選択しなかったんですけど、今回初めて。一人の先生と出会って、その先生を信じて行なうことを決めました。半分アメリカにいる先生でですね。

 

──日本人の先生ですか?

 

武藤 日本人ですね。

 

──手術は都内の病院でやるんですか?

 

武藤 都内ですね。3月下旬にやります。

 

──ヒザはプロレスラーにとっても故障しやすい箇所でこれまでそれが原因で引退されてきた選手もたくさんいると思うんですけど、武藤さんがモデルケースになって人工関節を入れて、選手の寿命が伸びるんじゃないかっていう期待もあると思うんですけど、そのあたりはどうですか?

 

武藤 正直、他人のどうとかっていうのを考える余裕はないですね。自分のことだけで。多分最初はすげえ苦しいと思うんですよ。いろんな意味で。やってみないとわからんすね。

 

──大きな手術はいつ以来ですか?

 

武藤 ここまで大きいのは一度もしたことがないですね。

 

──両ヒザの手術は過去にメスを入れたことはないんですか?

 

武藤 1回だけ大きなネズミを取る。あとはみんなスコープですね。

 

──ムーンサルトを失うと医者から聞かされた時はどういう気持ちでしたか?

 

武藤 まあ致しかたないかなと。その先生も熱心で、俺の動きを調べてくれて、前回後楽園ホールで見に来てくれたりもしたけど、プランチャもダメって言われたですね。

 

──この前、『マスターズ』が終わったばかりですけど、年内試合やられないということで、どういうふうに考えているんですか?

 

武藤 本当にあればっかりは他力でやってますので。もし組めたら俺のプロレスのコンセプトで点から線につなぐというか、継続していかないと。なんか俺がいなくても継続したいなという気持ちはありますけど、マッチメイクとか難しい問題もあったりして。ただ、やれるんならばやっていきたいと思います。当初7月ぐらいを考えていたからね、本来ならば。

 

──後楽園では過去に育てた選手が揃いますけど、どのような闘いを期待していますか?

 

武藤 みんな俺のところから羽ばたいていって、元気にレスラーとしてがんばっているっていうあれで。そのやっぱレスラーとして元気でがんばっているんだっていうところを。たまたま俺が育てた選手はこれだけじゃないけどね。たまたま試合がちょうどかち合ってなかったりとかして。まあ『マスターズ』も昔を振り返ってなんか自分の心が暖かくなる中で、『マスターズ』より新しい、『マスターズ』は90年代だけど、2000年代に育てた選手で昔を振り返るっていう部分も。俺がレスラーとして生きた証でもあるじゃないですか? こいつらも。

 

──育てた選手の一人でもある征矢選手がこの大会でチャンピオンシップに挑戦するんですが。

 

武藤 征矢はダメなのって言ったら、挑戦するって言うから。

 

──征矢選手に期待する部分はありますか?

 

武藤 いや、まあ意識はしないですよ。征矢は征矢で俺のほうを振り向かなくてもいいからタイトルマッチに没頭してほしいです。

 

 

ー 大会詳細 ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2018 TRANS MAGIC」3.14東京・後楽園ホール大会

 

【日時】

2018年3月14日(水)19時開始/18時開場

 

【場所】

東京・後楽園ホール

 

【対戦カード】

 

▼スペシャル8人タッグマッチ

武藤敬司&浜亮太(大日本プロレス)&SUSHI&宮本和志(和志組) vs 河野真幸&大和ヒロシ&中之上靖文&(大日本プロレス)&KAI

 

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負

【第11代王者】芦野祥太郎 vs 【挑戦者】征矢学

※第11代王者・芦野祥太郎、8度目の防衛戦。

 

▼『WRESTLE-1 CRUISER FES 2018』トーナメント決勝 時間無制限1本勝負

アンディ・ウー vs アレハンドロ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事