【新日本プロレス】ヘビー級転向のタイチを内藤がデスティーノで沈める!「何かもっと思い切ったことを、彼(タイチ)にはしてほしかったっすね。」<3.6大田区大会>

旗揚げ記念日
日時:2018年3月6日(火) 17:30開場 19:00開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:3,864人(札止め)

3月6日(火)大田区総合体育館にて開催された旗揚げ46周年記念大会。ヘビー級へ転向したタイチが内藤と対戦。1月に行われた、TAKAみちのくとタイチが主催の『タカタイチマニア』でシングルで対戦した際に、内藤に敗れているタイチがどの様な戦いをするかに注目が集まっていた。試合開始早々に場外戦へタイチが持ち込み、入場花道にパワーボムを見舞うなど、激しい戦いの中、内藤がタイチ愛用のマイクスタンドで頭部を殴り、デスティーノへ繋がて勝利した。

スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
○内藤 哲也 vs タイチ×
14分07秒  デスティーノ→片エビ固め

※連続写真でご覧下さい。

     

タイチ
「ハハハハ、ハハハハハ。俺は、テメェ、内藤、テメェに負けたんじゃねぇ!テメェが持ってきた、あの鋼鉄のマイクにやられただけだ!たん瘤、強烈だな、我の武器ながら。テメェに負けたんじゃねぇよ、内藤、我の武器に負けただけだよ!だがよ、内藤、これで分かったよ、これで分かった。響いたよ。闘い、教えてくれてありがとうよ。ハハハハハ」

内藤
「何か、覚悟というか、何か変わるチャンスなんだと、変わらなくちゃいけないんだって気持ちはね、チラッとは感じましたよ。会場のお客様も感じたんじゃないですか、チラッとはね。でもさぁ、ただ単に体重を増やせばいいとか、そういう問題じゃないんだよ。そういうのを俺は見たかったんじゃないんだ。お客様もそうでしょう?そういうタイチを見たいがために、今日、大田区総合体育館に来たわけじゃないんだよ。何かちょっと勘違いしてるのかな。せっかくのチャンスなのにねぇ。このままじゃ『NEW JAPAN CUP』は、復帰明けの棚橋選手に負けて、そのまま存在感なくなって、今まで通りの生活を歩むことになるんじゃないんですか。せっかくのチャンスなんだ、何かもっと思い切ったことを、彼にはしてほしかったっすね。まぁ、最初にも言ったけど、心意気は伝わってきたよ。ダメージもありますよ。でもその程度じゃ、今の俺には勝てないぜ。そして今の新日本プロレスには、何のインパクトも残らないぜ。

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事