【WWE】中邑真輔がルセフとのシングル戦に挑み、キンシャサを決めて勝利!レッスルマニア王座戦に向けて弾みをつける

米国現地時間311日オハイオ州コロンバスで開催されたPPV「ファストレーン」で中邑真輔がルセフとのシングル戦に挑み、キンシャサを決めて勝利。

アスカはサプライズ登場すると、レッスルマニアでの女子王座戦でシャーロットを指名、さらにAJスタイルズはシックスパック・チャレンジで王座防衛に成功し、レッスルマニアで中邑とのWWE王座戦を決めた。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆中邑真輔 vs. ルセフ

「 “ナカムラデイ~”になるだろう」と予告した中邑はPPVファストレーン」でルセフとのシングル戦に挑んだ。

「ナカムラ・ルセフデイ」の大コールの中、試合は白熱の攻防を展開するも、中邑がスピンキックを決めてキンシャサを狙うと、ルセフのカウンタースーパーキックが中邑の顔面をクリーンヒット

しかし、中邑は辛うじてカウント2.5で逃れると、ここからルセフの後頭部にキンシャサを決めて形勢逆転。

最後はとどめのキンシャサを豪快に決めるとルセフから3カウントを奪って勝利した。

ルセフを下した中邑はレッスルマニアの王座戦に向けて弾みをつけた。

WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間49WWEットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事