【WRESTLE-1】<浜亮太インタビュー(大日本プロレス)>「今までの感謝の気持ちを込めて、最高の形でバトンを渡します」 “阿吽の無呼吸”で武藤のラストムーンサルトをお膳立て!?

武藤敬司“ラストムーンサルト”に教え子たちが集結!

「今までの感謝の気持ちを込めて、最高の形でバトンを渡します」

“阿吽の無呼吸”で武藤のラストムーンサルトをお膳立て!?

浜亮太(大日本プロレス)

武藤敬司“ラストムーンサルト”に教え子たちが集結!「今までの感謝の気持ちを込めて、最高の形でバトンを渡します」“阿吽の無呼吸”で武藤のラストムーンサルトをお膳立て!?浜亮太(大日本プロレス)

3月14日(水)に開催される後楽園ホール大会。武藤敬司が人工関節を入れる手術をする前の最後の試合を行なう。

そこに集うのはかつて武藤の元で薫陶を受けてきた教え子たち。

一昨年の夏を最後にW-1を退団し、現在は大日本プロレスに所属する浜亮太もその一人だ。

大相撲からプロレスに転向した巨漢は、その巨体ゆえに武藤からも特別目をかけられた。

その師のラストムーンサルトを前に何を思うのか? 話を聞いてみた。

 

 

──まずお聞きしたいのは、久々にW-1のリングに上がることなんですけど、どのようなお気持ちですか?

 

浜 だって、もう二度と上がらない覚悟で退団したわけだから。でも、僕も中之上も今は大日本プロレスの所属選手ですけど、武藤さん、カズさんの弟子だから、その師匠のいわばピンチなわけじゃないですか? そういう時にはね。

 

──事情が事情なだけに。

 

浜 ちょっと葛藤はありましたけど、今の自分があるのは武藤さんたちのおかげだし。それで大日本の登坂社長に相談したら、登坂社長も凄く快く送り出してくれたんで凄く感謝していますよ。

 

──武藤選手が人工関節を入れる手術をすると聞いた時にはどのように思われました?

 

浜 僕が全日本プロレスにいた時に、ベイダーに勧められていましたからね。その現場も見ていたし、武藤さんもそれを聞いて悩んでたから、いずれはするんだろうなと思ってたから、全然ビックリもしないし、いよいよかっていう感じですよね。

 

──あの頃は人工関節を入れるとプロレスをやることは厳しいと言われていたのが、数年経って、手術をしてもプロレスができるよ、と言われたから、今回踏み切ったみたいですけどね。

 

浜 ああ。でも、ムーンサルトはボーンとヒザをぶつけると危ないからできないわけで。でも、僕らもプロレスを始めて10年経つわけだけど、足を引きずっている武藤さんしか知らないから。スタスタ歩いている武藤さんを見るのも楽しみですけどね。

 

──今の姿ばかり見ていると、想像がつかないですけどね。

 

浜 いや、想像はちょっとはつくんですよ。やっぱり若い頃の映像とか見たりするんですけど、昔はこんなにスタスタ歩いていたんだと思って。

 

──ただ、リスクもあるし、そういう事情もあって、今回W-1にもう一度上がるという決断が浜選手もできたわけですね。

 

浜 本当にそうですよ。やっぱり武藤さんと、そしてカズさんがいなければ、今の僕らは絶対にいないですからね。その感謝の気持ちは絶対に忘れちゃいけないと思うし、一生忘れちゃいけないですよね。

 

──浜選手は全日本時代から凄くかわいがられていたというイメージがありますからね。

 

浜 特に僕と中之上はそうかもしれないですね。やっぱり武藤さんがどこに飲みに行くのでも、太刀持ちと露払いとして一緒に連れて行ってもらいましたからね。

 

──多分、浜選手がたくさん食べるのを楽しんでいたと思うんですよね。

 

浜 食べるのと飲むのとね(笑)。中之上なんかは7年ぐらい付き人をしていたわけだから。

 

──それだけ信頼を得ていたということですよね。

 

浜 武藤さんの車のすべてを知り尽くしている男だからね(笑)。頼もしかったんじゃないですかね? よう3人で飲みに連れて行ってもらいましたね。武藤さんも楽しかっただろうし、僕らも凄く楽しかったですよ。

 

──いい思い出なんですね。そして、今回浜選手が参加する試合は、武藤全日本時代の仲間が集まるというカードになりました。どのように思われていますか?

 

浜 カードについては同じ釜の飯を食ったみんなと久々に試合ができるわけだから、それは楽しみですよね。

 

──特に楽しみな絡みというのはありますか?

 

浜 特にというのは別にないですけどね。でも、僕は全日本の合宿所で5年間、ちゃんこを作ってきたんだけど、みんなそのちゃんこを食べて身体ができたところもあるからね。そうやって僕のちゃんこを食べていた人たちががんばっている姿を見るのが楽しみですね。

 

──今回は武藤選手と組む形になりましたけど、浜選手は曙選手も交えて何度も組んでいる経験があると思うんです。久々に武藤選手とこの試合で組むということについてはどのように思われていますか?

 

浜 慣れちゃってるからなんとも思わないですよ(笑)。もう阿吽の呼吸ですよ。でも、僕は無呼吸症候群だから、阿吽の無呼吸ですよ(笑)。呼吸なんてしなくたってわかるもん、武藤さんとなら。ずっとやってきたから。まあ、楽しんでやりますよ。せっかくの機会ですからね。プロレスラーになって10年経つけど、何かしら原点回帰するものが見つかるかもしれないし。

 

──原点回帰。あるいは10年という節目の年に、集大成的なものを武藤選手やW-1のファンの人に見せる機会でもありますよね。

 

浜 集大成だったらいいですけど、醜態を晒さないようにがんばりますよ(笑)。

 

──お願いします!(笑)。でも、W-1を離れて大日本さんの所属にもなって、以前とは違う浜亮太を見せたいという気持ちもあるんじゃないですか?

 

浜 見せたいというか、見せられると思うんですよね。大日本に来てから、僕も中之上も年間180試合やってるんですよ。そして、連日のように関本大介や岡林裕二とやっているわけよ。

 

──ハードなぶつかり合いを連日繰り広げているということですね。

 

浜 身体自体は296%強くなっているから(笑)。100%どころか296%強くなっている自信はありますよ。だって、プロレス界でトップじゃないですか、関本大介と岡林裕二って。そんな人たちと年間180試合やってきているんですから、その自負はありますよ。僕は元々、相撲をやっていたので人にぶつかっていくことが生業だったわけだけど、今もこうして大日本プロレスに参戦させてもらってから年間180試合、ずっとでかい人たちとぶつかり合っている。今までとはちょっと違うよ。

 

──だから、中之上選手はわかっているでしょうけど、対角線に立つ河野選手や大和選手、KAI選手に以前とは違う浜亮太を味あわせてやりたいという気持ちもあるんじゃないですか?

 

浜 味あわせてやりたいというか、昔みたいに来たらケガするよって。ちゃんとしてこないとケガするよって。やっぱりやってきたことが違うから。あっちがやってきたことも違うんだろうけど、数字で言ったって年間180試合やっているし、僕らが受けてきた衝撃は彼らから受けたものを上回っているから。そこは大日本プロレスが一番だからね。プロレス界でも馬力とかパワーではウチが一番だと思うよ。

 

──大きい選手が多いですからね。

 

浜 でかいし、当たりも強いし、力もあるし。また、鈴木秀樹選手みたいに身体がでかいのにクラシカルなスタイルをやる選手もいるしね。そこで揉まれてきたんだから、これまでの浜亮太と同じように考えてほしくないね。

 

──わかりました。では、改めて武藤選手に向けてメッセージをいただければと思います。

 

浜 最高の形でバトン渡しますよ。今までの感謝の気持ちを込めて、最高の形でバトンを渡します。

 

 

ー 大会詳細 ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2018 TRANS MAGIC」3.14東京・後楽園ホール大会

 

【日時】

2018年3月14日(水)19時開始/18時開場

 

【場所】

東京・後楽園ホール

 

【対戦カード】

▼第0試合 シングルマッチ 15分1本勝負

頓所隼(Pro-Wrestling ACE) vs 馬場拓海(Pro-Wrestling ACE)

 

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負

立花誠吾 vs 三富政行

 

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負

佐藤嗣崇&近野剣心(ダブプロレス) vs 児玉裕輔&ドランク・アンディ

 

▼第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負

稲葉大樹&吉岡世起&黒潮“イケメン”二郎 vs カズ・ハヤシ&近藤修司&土方隆司

 

▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負

木村花&安納サオリ(Actwres girl’Z) vs 万喜なつみ(Actwres girl’Z)&関口翔(Actwres girl’Z)

 

▼第5試合 UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負

【第61代王者組】土肥孝司&熊ゴロー&伊藤貴則 vs 【挑戦者組】NOSAWA論外&MAZADA&FUJITA

※第61代王者組、土肥孝司&熊ゴロー&伊藤貴則、5度目の防衛戦。

 

ー 休憩 ー

 

▼第6試合 『WRESTLE-1 CRUISER FES 2018』トーナメント決勝 時間無制限1本勝負

アンディ・ウー vs アレハンドロ

 

▼第7試合 スペシャル8人タッグマッチ 60分1本勝負

武藤敬司&浜亮太(大日本プロレス)&SUSHI&宮本和志(和志組) vs 河野真幸&大和ヒロシ&中之上靖文(大日本プロレス)&KAI

 

▼メインイベント WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負

【第11代王者】芦野祥太郎 vs 【挑戦者】征矢学

※第11代王者・芦野祥太郎、8度目の防衛戦。

マスクドTODAY

プロレスをこよなく愛する記者兼カメラマン!
今日もプロレスを楽しみましょう~(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事