【WRESTLE-1】<カズ・ハヤシインタビュー>「解散したくないなら、ウチらが力で解散させてやる」 NEW ERAよ、レスラーなら茨の道を歩め!

「解散したくないなら、ウチらが力で解散させてやる」

NEW ERAよ、レスラーなら茨の道を歩め!

カズ・ハヤシインタビュー

「解散したくないなら、ウチらが力で解散させてやる」NEW ERAよ、レスラーなら茨の道を歩め!カズ・ハヤシインタビュー

4月3日(火)の新木場大会で行なわれるNEW ERAvsベテラン軍の5vs5のキャプテンフォールイリミネーションマッチ。その一員としてカズ・ハヤシもこの試合に参戦する。社長としてW-1を牽引する立場のカズはプレイヤーとして現在のNEW ERAをどう見ているのか? 鋭い視点でNEW ERAの問題点に切り込む!

 

 

──間近に迫っています4月3日の新木場大会で、NEW ERAvsベテラン軍のキャプテンフォールイリミネーションマッチが行なわれます。カズ選手もNEW ERAと闘う機会は多いわけですけど、現状のNEW ERAについてはどのように思われているんですか?

 

カズ 彼らがNEW ERAを作った当初は若い人同士でやっていくのが凄くいいなと思ったし、それに対して僕たちも「この野郎!」ってなってたところもあるんですよ。ただ、1年以上やってきて、NEW ERAも僕らと対抗するような場所にはいなくなってきたと思うんですよね。つまり、彼らは実績を作ったし、メインも張ってきたし、言っていたことは達成されていると思うんですよ。だから、ここからは個々でやっていくべきなんじゃないかなって思ってますね。今さら若手vsベテランという構図って必要なのかな、っていう思いもあるし。

 

──カズ選手にしてみれば、もうNEW ERAとしての実績は作ったんだから、次の段階に進めよということですね。

 

カズ 若手vsベテランの構図になることで、いつまでも若手意識が残っちゃうような気がするんですよ。そうなるといつまで経っても若手vsベテランしかできないし、もうその段階じゃないんじゃないって思いますよね。多分、NEW ERAの中でも自我が芽生えている人間もいるはずだし、誰とは言わないけど、このまま若手という括りに縛られていたら、そいつらはそのうち爆発しちゃいますよ。

 

──ただ、次の段階に進もうという気配がないから、近藤選手の仕掛けによって、また若手vsベテランという構図に括られちゃっているということですか?

 

カズ そうなっちゃいますね。だから、このキャプテンフォールイリミネーションマッチという試合形式によって、ウチらがNEW ERAに引導を渡さなきゃダメだということですよね。多分、引導を渡すことによって、爆発する奴らが出てくるんじゃないですかね?

 

──本当は各々がそれぞれテーマを見つけて新しいステージに進むべきなのに、こうやってベテランからの圧力によっての闘いはあまりいい形ではないということですよね。

 

カズ そういうことになるんですかね。だから、NEW ERAという形を持っている以上、お里帰りじゃないですけど、帰るべき場所を持っているということじゃないですか? それは必要ないよなって思いますね。

 

──帰るお里がなくなれば先に進むしかなくなるわけですからね。

 

カズ そういうことなんですよ。

 

──だから、カズ選手も解散賛成派なんですよね。NEW ERA批判の急先鋒の近藤選手は、中心に立ってはいるけど、その役割を本当に果たしていないと。だから解散しちまえという論調なんですよ。

 

 

カズ そうなんですね。

 

──でも、社長としての目線から見ても、彼らに一本立ちしてもらってW-1を引っ張っていってもらいたいという希望があるからこそ、解散してほしいんですよね。

 

カズ そうなんですけど、僕的にはもう一本立ちしているなっていう感じはあるんですよ。だから、発展的解散ですよね。絆とか、いい青春じみたことはもういいから、自分たちのために発展的に解散してくれよということです。

 

──そのほうがさらに個々で成長していけると。

 

カズ 成長していける可能性もあるし、選手としてダメになっていく可能性もある。プロレスって茨の道なんですね。でも、その茨の道を歩くことによって、レスラーとして強くなっていけるんですよね。

 

──カズ選手はこれまで近藤選手や過去の小島選手のようにタッグを組むことはあっても、あまりユニット的なものに入っていたことってないし、個人の力で闘ってきた印象が強いですけど、NEW ERAの選手たちにもそうあってほしいと。

 

カズ やっぱり支えがないと、苦しいことは自分に返ってくるんですけど、喜びも自分に返ってくるんですよ。喜びも苦しみも自分で抱えていると、レスラーしてんなあって感じられると思うんですよね。

 

──それを味わってもらいたいということですか?

 

カズ そうですね。軽い感じの言い方だとレスラーしてんなあってなっちゃうけど、プロレスラーって結局個人の闘いだし、自己プロデュースもそうだし、練習にしてもそうだし、最後は自分ですからね。追い込むためにはユニットに頼ってちゃダメだということですね。

 

──では、現在のNEW ERAは仲良しこよしの輪の中に浸っているように見えるということなんですか?

 

カズ 帰るところがある安心感っていうのがあって、ユニットという安心感に甘えちゃうのかな? まあ、僕には彼らが甘えているかどうかはわからないし、そうは見えないんですけど、きっとNEW ERAという帰る場所があるのは、現在の彼らにとってはよくないと思いますね。いいレスラーになるためにはさらに自分を追い込む必要があるし、そのためにはNEW ERAは不要だということです。

 

──なるほど。お話を聞いていると、近藤選手よりは現在のNEW ERAの選手たちを評価しているように見えますね。

 

カズ そうですね。実際、僕らはタッグのチャンピオンシップとかでも負けてるし、彼らもメインを張ってきたという誇りもあると思うんですよ。あの年代でメインを張れるって凄いことなんですよ。

 

──では、新木場の闘いですけど、どういう気持ちで臨みますか?

 

カズ 向こうはNEW ERAという形があるけど、こっちはみんなバラバラじゃないですか? だから、個人というものがどれだけ強いのかというのを見せますよ。個人でやって来た人間たちの強さを味わってもらいたい。稲葉たちはこれからもNEW ERAを続けていくって言っているわけでしょ?

 

──そうですね。続けていきたいと言っていますね。

 

カズ 解散したくないなら、ウチらが力で解散させてやるっていうところですかね。それがNEW ERAのためでもあり、W-1のためです。

 

 

ー大会詳細 ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2018 CHERRY BLOSSOM」4.3東京・新木場1stRING大会

 

【日時】

2018年4月3日(火)19時00分開始/18時30分開場

 

【場所】

東京・新木場1stRING

 

【対戦カード】

▼第1試合 タッグマッチ30分1本勝負

タナカ岩石(Pro-Wrestling ACE)&馬場拓海(Pro-Wrestling ACE) vs 三富政行&大谷譲二(ガッツワールド)

 

▼第2試合 シングルマッチ30分1本勝負

佐藤嗣崇vs MAZADA

 

▼第3試合3wayマッチ30分1本勝負

児玉裕輔vs 立花誠吾vs ドランク・アンディ

 

▼第4試合 シングルマッチ30分1本勝負

黒潮“イケメン”二郎vs 勝俣瞬馬(DNA)

 

ー 休憩 ー

 

▼第5試合 タッグマッチ30分1本勝負

吉岡世起&頓所隼(Pro-Wrestling ACE) vs アレハンドロ&大和ヒロシ

 

▼メインイベント キャプテンフォールイリミネーションマッチ45分1本勝負

稲葉大樹&土肥孝司&熊ゴロー&アンディ・ウー&伊藤貴則vs 近藤修司&征矢学&カズ・ハヤシ&河野真幸&NOSAWA論外

※フォールor ギブアップor 反則or オーバーザトップロープにより脱落。キャプテンが負けとなったチームが敗北となる。

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスを愛して早36年。
株式会社リアルクロスを設立し、楽しめるプロレスNEWSメディア『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事