【WWE】ブライアンとシェーンが和解

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 ブライアンとシェーンが和解

レッスルマニア34で現役復帰を果たすダニエル・ブライアンが、タッグパートナーのシェーン・マクマホンを呼び込んでスマックダウンのオープニングがスタートした。

これまでGMとコミッショナーという立場でケビン・オーエンズ&サミ・ゼインの処遇を巡って対立してきた2人だったが、ブラインアンが「オーエンズとゼインは友達だ。しかし、その関係が間違った判断につながった」と反省すると、シェーンも自分も頑固なところがあった」と自身を振り返った。

するとブライアンが会場の皆さんはハグで仲直りするところを見たいだろ?」と問いかけ、ファンの後押しでハグをすると両者は和解した。

しかし、スマックダウンの中盤では解雇されているオーエンズ&ゼインが現れると、「スマックダウン、そしてレッスルマニアは俺たちのショーだ」と一旦は番組を占拠するも、マイクを切られて警備員に囲まれるとブライアンとシェーンがステージに登場。

ブライアンがスマックダウンで彼らを観られるのは最後だ」と言うと、シェーンが「ナナ・ヘイヘイ・グッバイ」の大合唱を始めるとオーエンズ&ゼインは会場から立ち去った。対戦を5日後に控え、結束を固めたブライアン&シェーンは復帰のチャンスを狙うオーエンズ&ゼインとレッスルマニアで激突する。

WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間49日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事