【大日本プロレス】『一騎当千』公式リーグ最終戦にて中之上が橋本大地を下しベスト4進出、4.15札幌での優勝決定戦にタイトルマッチを要求!<4.5後楽園大会>

4.5後楽園ホール大会にて『一騎当千』の公式リーグ最終戦メインイベントで、現ストロングヘビーチャンピオンの橋本大地と中之上靖文との試合が行われた。二人の対戦といえば、2.27後楽園でのタイトルマッチでは橋本大地が防衛し、中之上として負けられない一戦だった。激しい攻防であったが、最後は中之上がラリアットで橋本大地を破り、見事リベンジを果たした。

試合後、中之上が一騎当千の優勝決定戦が行われる4.15札幌にてタイトルマッチを要求。橋本大地もこれを了承した。

「一騎当千~STRONG CLIMB~」四強決定
【日時】4月5日(木)17:30FC先行入場・17:40開場・18:30開始
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】830人

メインイベント
一騎当千~STRONG CLIMB~Aブロック公式戦 20分1本勝負
橋本大地●【8点】 vs 中之上靖文〇【7点】
16分10秒 ラリアット→片エビ固め

※連続写真でご覧下さい。















(写真:伊藤ミチタカ氏)

一騎当千~STRONG CLIMB~Aブロック公式戦 20分1本勝負
橋本大地●【8点】 vs 中之上靖文〇【7点】
16分10秒 ラリアット→片エビ固め

中之上
リング上「大地!チャンピオン!これで今年1勝1敗やな。札幌の決勝でそのベルト懸けてもう一回やろうぜ」

バックステージ「リベンジ成功ですね。決勝でもう1回当たりたいですね。ああキツイ・・・。キツイけどね。そのキツさがプロレスの楽しさかなって思いますね。準決勝は誰とやるんだっけ?(鈴木秀樹)強敵ですね。1回も勝ったことないし、メチャクチャ強いですよ。可能性は前よりも上がっていると思います。(3ヶ月連続でメイン)みんなにメインって言われるんですけど正直あまり気にならなかったですね。やることは一緒なんで。まだまだやります。やっていかないといけないと思っています。」

大地
「何も言うこと思いつかないし、苦しかったし痛かっし。悔しいけどすげぇ楽しかったよ。挑戦表明されたことであの人がああやって言ったってことはちゃんと上がってくるはずだからその時きっちりタイトルマッチやってその時は勝ちます。俺やっぱりこのメンバーで正解だったと思うんだよなぁ。すげえエキサイトできたし、それぞれの進化見れたでしょ?団体内の。俺だってチャンピオンとしてこのリーグ戦変わってるからさ、いいんじゃない。次のホールにもしっかりこのベルト持って帰って多分あの人が挑戦してくるからしっかりとこれ守ってまた巻いて戻ってきたいと思います。」

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事